【古代魚】の種類を紹介。小型で飼育しやすいのは?

【古代魚】の種類を紹介。小型で飼育しやすいのは?

「古代魚」は大昔から姿を変えずに生きてきた種類ですね。

確かに貴重な存在です。

でも、すべてが「幻の魚」というわけではないんです。

また美しく、個性的な姿はとても魅力的。

今回は、比較的「小型」のもので、家庭でも飼育しやすい種類を紹介しましょう。


Sponsored Links

【古代魚】の種類を紹介!

【古代魚】の種類を紹介

古代魚と聞くと巨大な魚を想像する方も多いことでしょう。

代表的な種類は「アロワナ」をはじめ、「ガー」や「プロトプテルス」など。

全長100~200cmに達する種類もざらですね。

こうなると、やはり大型水槽などの十分な設備が必要。

一般の家庭では、飼育困難な場合が多いでしょう。

しかし、比較的小型で、ペットとして飼育可能な種類もいます。

今回は、15~50cm程度の大きさのものに絞っていますよ。

それでは、魅力的な古代魚の世界をのぞいてみましょう。

【小型の古代魚の種類】

  • バタフライ・フィッシュ(別名パントドン):15cm
  • エレファント・ノーズ:20cm
  • ポリプテルス・セネガルス:30cm
  • アルビノ・セネガルス:30cm
  • ポリプテルス・デルヘッツィ:40cm
  • スポッテッド・ガー:50cm

Sponsored Links

小型で飼育しやすい種類は?

小型で飼育しやすい種類は

それぞれの魚の姿や特徴をまとめてみましょう。

どの種類も一般的な熱帯魚とは一線を画す存在でしょう?

大型魚は難しくても、十分その雰囲気を味わうことができますね。

バタフライ・フィッシュ

バタフライ・フィッシュ

  • 分布:ニジェール川、ザンベジ川。
  • 全長:15cm
  • 水質・水温:弱酸性~中性・25~27℃
  • 特徴:蝶を思わせる胸ビレが名前の由来。アロワナの近縁種。水面に落ちる虫を捕食する。

エレファント・ノーズ

エレファント・ノーズ

  • 分布:中央アフリカ。
  • 全長:20cm
  • 水質・水温:弱酸性~中性・25~27℃
  • 特徴:象の鼻を思わせるふん部が名前の由来。微弱電流を流してレーダーのように使う。

ポリプテルス・セネガルス

ポリプテルス・セネガルス

  • 分布:スーダン、セネガル。
  • 全長:30cm
  • 水質・水温:中性・25~27℃
  • 特徴:初心者向き。60cm水槽でも飼育可能。

アルビノ・セネガルス

アルビノ・セネガルス

  • 分布:改良種
  • 全長:30cm
  • 水質・水温:弱酸性~中性・23~25℃
  • 特徴:初心者向き。かつての希少種も現在ではポピュラー。

ポリプテルス・デルヘッツィ

ポリプテルス・デルヘッツィ

  • 分布:ザイール。
  • 全長:40cm
  • 水質・水温:中性・25~27℃
  • 特徴:バンド模様の個体が人気。人工飼料にも慣れる。

スポッテッド・ガー

スポッテッド・ガー

  • 分布:テキサス州、フロリダ州。
  • 全長:50cm
  • 水質・水温:中性・20~27℃
  • 特徴:初心者向き。ガーの仲間では小型の部類。エサ取りが下手。

いかがでしたか?

本稿が、古代魚選びの参考になれば幸いです。


Sponsored Links