アニマルセラピーとは?犬や猫たちがもたらす癒しの効果を解説。

アニマルセラピーとは?犬や猫たちがもたらす癒しの効果を解説。

アニマル・セラピーは、正式には「動物介在療法(animal assisted therapy)」のこと。

病気の動物自体を治療する「ペット・セラピー」とは区別されます。

犬や猫のほか、ウサギ、馬、イルカなど、さまざまな動物たちが、患者の治療や子供の教育などに介入します。

このアニマル・セラピーは、どのような「癒しの効果」をもたらすのでしょうか?

いっしょに見ていきましょう。


Sponsored Links

アニマルセラピーとは?

アニマルセラピーとは

アニマル・セラピーの対象は、多岐にわたります。

まとめてみましょう。

【アニマル・セラピーの対象者】

  • 高齢者:独居・施設
  • ホスピス(終末期医療)の患者:がん・エイズなど
  • 児童:不登校・いじめ・虐待・1人っ子・親がいないなど
  • 障がい者:身体・知的・精神
  • 矯正施設(刑務所):犯罪傾向のある人・受刑者
  • 一般の家庭・学校:一般の児童

「動物介在療法(animal assisted therapy)」は、動物と単に触れ合うだけの「動物介在活動(animal assisted activity)」とは異なり、明確な目的のもと、治療上のどこかの部分で動物たちを参加させます。

しっかりトレーニングされた動物たちは、医師や看護師、理学療法士、教育者などと共に治療に関わるれっきとした「セラピスト」と言えるでしょう。

では動物たちはどのような方法で関わるのでしょうか?

【アニマル・セラピーの方法】

  • 施設訪問タイプ:施設(高齢者・障がい者)や病院(小児・ホスピス・精神科など)を訪問する。
  • 施設飼育タイプ:各種施設において動物を飼育する。
  • 在宅訪問タイプ:独居や自分では動物を飼えない高齢者の自宅を訪問する。
  • 在宅飼育タイプ:各家庭で動物を飼育する。
  • 屋外活動タイプ:乗馬療法(一部訪問タイプも)・イルカ療法など。

このようにさまざまな介入方法がありますが、それぞれに一長一短があります。

次の項で詳しくお話しましょう。

犬や猫たちがもたらす効果を解説しよう

犬や猫たちがもたらす効果を解説しよう

では、アニマル・セラピーは具体的にどのような効果をもたらすのでしょうか?

動物との接触により「温もり」を感じ、「受容されている感覚」を得ることができます。

これらをきっかけにさまざまな変化が起こります。

【生理的効果】

  • リラックス効果:血圧の安定・コレステロール値の減少・痛みの緩和・筋緊張の低下
  • 身体・精神機能の改善:筋力低下・関節拘縮の改善・認知症症状の改善
  • リハビリテーション効果:ADL(日常生活活動)の拡大(動物の世話のため活動量が増加する)

【心理的効果】

  • モチベーションの向上:活動欲求の高まり・病気や障がいを克服しようとする気持ち
  • 心理的充足:自尊心・有用感・達成感・安心感の充足
  • 感情表出の促進:言語的・非言語的表出の活性化
  • 教育的効果:責任感や自立心の育成・自信の回復

【社会的効果】

  • 人間関係の構築・強化:協力関係の構築
  • 人間関係の円滑化:他者との関係づくり
  • 身体的・社会的自立の支援:盲導犬・聴導犬・介助犬など

生理・心理・社会の各側面はそれぞれ密接に関わり合っていますね。

そしてそれぞれが相乗効果を生んでいきます。

犬や猫、ウサギといった身近な存在が中心ですね。

一般の家庭でも、動物を飼うことで、子どもによい影響を与えます。

責任感を育てるとともに、他者の痛みを知ることで、思いやりの心も育つようになるでしょう。

一方、特別な設備が必要で活動場所も限られる「乗馬療法」や「イルカ療法」は決して一般的とは言えませんが、その有効性が示されています。

「乗馬療法」では、屋外で活動する解放感はもちろんのこと、大きな動物とコミュニケーションを図り、自在に操ることで自信を回復させ、達成感をもたらします。

身体的にも股関節などの可動域を無理なく広げ、下肢や体幹の筋力向上にもつながります。

「イルカ療法」でも、特殊な効果が報告されています。

泳ぐことで、心身の緊張がほぐれ、体力が向上するという効果だけではないようです。

イルカは患者や障がい者を見分け、一緒に泳ぐことで病を癒すとも言われます。

高い知能を持ち、人を思いやる心を持ったイルカは、超能力の持ち主と呼べるかもしれませんね。


Sponsored Links

活躍する動物たちは?

活躍する動物たちは

やはり犬や猫たちが最も一般的ですね。

「犬」は、使役犬(猟犬・番犬・牧羊犬など)、愛玩犬として人とともに暮らしてきた長い歴史があります。

また人の気持ちを察し、状況判断ができるところに最大の特徴がありますね。

たくさんのセラピードッグとして多くの犬種がアニマル・セラピーに関わっています。

「猫」も「癒し手」として優秀な存在。

特に性格が穏やかで毛並みの美しい猫たちが人気。

ラグドール、ヒマラヤン、メインクーン、ノルウェージャンフォレストキャットなどが有名ですね。

また猫は単に可愛いだけではありませんよ。

あの「ゴロゴロ音」も人を癒す可能性があることが指摘されています。

犬とは違ったまた別の能力も持っているようです。

そのほか、身近な存在として「ウサギ」が挙げられます。

日本人にはとてもなじみ深い動物ですね。

なかでも、人によく馴れ、スキンシップが大好きなホーランドロップがその代表種です。

アニマル・セラピーの問題点は?

アニマル・セラピーの問題点は

しかしアニマル・セラピーも「いい事ずくめ」というわけにはいかないようです。

その問題点も理解しておきましょう。

【アニマル・セラピーの問題点】

  • 施設訪問タイプ:感染やアレルギーのリスク・動物に対する好き嫌い・頻度が少ない
  • 施設飼育タイプ:スタッフの負担増
  • 在宅訪問タイプ:対象者が限られる・頻度が少ない
  • 在宅飼育タイプ:動物を亡くしたときのペットロスが大きい・飼い主亡き後の不安
  • 屋外活動タイプ:大がかりな設備が必要・採算が合わない

いかがでしたか?

動物たちは、人間にとってかけがえのない家族の一員でありパートナー。

そして「無条件の愛情」を与えてくれる、優れたセラピスト、ヒーラー(癒やし手)でもあるんですね。

本稿が、あなたのペットライフのお役に立てれば幸いです。


Sponsored Links