水草水槽【コケ対策】は万全?掃除役の生体をピックアップしよう。

水草水槽【コケ対策】は万全?掃除役の生体をピックアップしよう。

水草水槽を立ち上げてしばらくすると気になり始めるのが「コケ(藻)」の発生。

水質の悪化や光量(直射日光)が原因のことが多いようですね。

「対策」として、水槽のメンテナンスに加え、コケ取り・掃除役の「生体」を入れるのが効果的なんです。

今回は、おすすめの生体をピックアップしてみましょう。


Sponsored Links

水草水槽の【コケ対策】は万全?

水草水槽の【コケ対策】は万全

コケ(藻)の繁殖で、せっかくのアクアリウムも台無しです。

水草がメインの水槽であれば、「CO2の添加」「光量の調整(ライトの照射時間や直射日光の遮蔽)」などが有効でしょう。

熱帯魚が中心の水槽であれば、「魚の数」「エサの量」の調整が基本ですね。

pHの管理や水換え、器具のメンテナンスは言うまでもありません。

一方、水槽内のコケ取り・掃除役の「生体」を入れるのも面白いかもしれませんよ。

アクアリウムの「アクセント」として活躍してくれることも期待できますね。

コケ(藻)やエサの食べ残しを処理してくれる魚やエビ、貝類がいます。

それぞれの特徴を踏まえることで、レイアウトのバランスアップにも活かすことができますよ。

コケ取り・掃除役の生体をピックアップしよう

水槽内の掃除係として一般的なのは、ナマズやエビ、貝の仲間。

水槽のガラス面や水草に張り付いたりしてコケを食べてくれます。

またおとなしいので混泳水槽にも向いていますよ。

ナマズの仲間では、オトシンクルスやコリドラス、プレコなど。

基本的に水底を泳ぐので、レイアウトの妨げにもなりませんね。

ヌマエビの仲間では、ヤマトヌマエビやミナミヌマエビなど。

水草の緑によく映え、水槽内のアクセントとしても最適でしょう。

また貝の仲間も可愛くて意外にカラフル。

やはりアクアリウムの名脇役として活躍してくれるでしょう。

ナマズの仲間は水槽内のマスコット

ナマズの仲間は水槽内のマスコット

ナマズの仲間は水底を泳いだり、ガラスに張り付いたりしてコケを食べてくれます。

スタイル、カラー、特徴に配慮して選ぶとよいでしょう。

大きくなる魚種もいるので、水槽の大きさとのバランスも考えましょう。

オトシンクルス・ビッタータス

オトシンクルス

  • 分布:アマゾン川
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:24~27℃・弱酸性~中性
  • 特徴:もっともポピュラーなオトシンクルス。

オトシン・ネグロ

オトシン・ネグロ

  • 分布:ブラジル
  • 全長:4cm
  • 水温・水質:24~27℃・弱酸性~中性
  • 特徴:適応力があり、丈夫で飼いやすい。

タイガー・オトシン

タイガー・オトシン

  • 分布:ネグロ川
  • 全長:3cm
  • 水温・水質:24~27℃・弱酸性~中性
  • 特徴:小型なので混泳には注意。コケをよく食べるが、水草を食べることも。

パロトキンクルス・マクリカウダ

パロトキンクルス・マクリカウダ

  • 分布:ブラジル
  • 全長:7cm
  • 水温・水質:24~27℃・弱酸性~中性
  • 特徴:少し大きめの種。コケをよく食べるが、水草を食べることも。

コリドラス・ステルバイ

コリドラス・ステルバイ

  • 分布:ブラジル
  • 全長:5~6cm
  • 水温・水質:22~27℃・弱酸性~中性
  • 特徴:網目模様が特徴の人気種。

ブッシー・プレコ(幼魚はミニ・ブッシー)

ブッシー・プレコ

  • 分布:南米
  • 全長:10~15cm
  • 水温・水質:25~27℃・中性
  • 特徴:幼魚はミニの名前で流通。アルビノやロングフィンなど多彩。

ナマズの仲間は個性的。

また種類が多く、コレクション性も抜群です。

脇役にしておくにはもったいない存在かもしれませんね。


Sponsored Links

エビの仲間は水草の引き立て役?

今回登場するヌマエビ(ヤマトヌマエビ・ミナミヌマエビ)は、日本の河川などに生息しています。

透明感があってとても上品。

水草とのコントラストは素晴らしく、単独で飼うのもおすすめですよ。

一方、ミナミヌマエビの近縁種にあたる台湾産のレッドチェリー・シュリンプの鮮やかな赤も魅力的。

水草水槽の最高のアクセントになるでしょう。

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ

  • 分布:日本
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:15~27℃・弱酸性~中性
  • 特徴:透明な体にスポットが入る。淡水エビの代表種。

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ

  • 分布:日本
  • 全長:3cm
  • 水温・水質:15~27℃・弱アルカリ性
  • 特徴:透明~グリーンの体色が美しい。

レッドチェリー・シュリンプ

レッドチェリー・シュリンプ

  • 分布:台湾
  • 全長:2~4cm
  • 水温・水質:20~25℃・弱酸性~弱アルカリ性
  • 特徴:ミナミヌマエビの近縁種。鮮やかな赤が印象的。

メダカの仲間もコケ取り役?

メダカの仲間もコケ取り役

メダカの仲間にもコケ(藻)を食べてくれる魚がいます。

飼いやすく、カラーも美しいので水草水槽に最適ですね。

選択肢の幅が広がる2種類ですよ。

アメリカンフラッグ・フィッシュ

アメリカンフラッグ・フィッシュ

  • 分布:フロリダ半島
  • 全長:6cm
  • 水温・水質:25~27℃・
  • 特徴:卵生メダカ。体色がアメリカ国旗に似ているのが名前の由来。

ブラック・モーリー

ブラック・モーリー

  • 分布:メキシコ
  • 全長:8cm
  • 水温・水質:25~27℃・中性~アルカリ性
  • 特徴:卵胎生メダカの1種。オスは背びれが大きく縁が黄色。

ペンシル・フィッシュは泳ぐ姿も可愛らしい

ペンシル・フィッシュもコケ取りには欠かせない魚です。

頭を上にして斜めに泳ぐ姿は何ともユーモラス。

小さいので水草水槽のマスコット候補になりますね。

ペンシル・フィッシュ

ペンシル・フィッシュ

  • 分布:アマゾン川
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:25~27℃・弱酸性~中性
  • 特徴:口が小さいのでブラインシュリンプの幼生などを与えるとよい。

ドワーフ・ペンシルフィッシュ

ドワーフ・ペンシルフィッシュ

  • 分布:アマゾン川
  • 全長:3cm
  • 水温・水質:25~27℃・弱酸性~中性
  • 特徴:赤の発色が印象的。同種同士の小競り合いに注意。水草は多めにするとよい。

貝類は静かな名脇役

貝類は静かな名脇役

ガラス面や流木、水草に張り付いてコケを食べてくれたり、底面のエサを掃除してくれたりするのが貝の仲間。

とてもカラフルで観賞用としても十分なものもあります。

小さなエビの仲間と違って、他の魚と一緒にしても食べられる心配はもちろんありません。

イシマキガイ

イシマキガイ

  • 分布:日本・台湾
  • 全長:3cm
  • 水温・水質:15~27℃・中性
  • 特徴:淡水では繁殖しないので食害もない。ガラス面や流木に張り付く。

ゴールデンアップルスネール

ゴールデンアップルスネール

  • 分布:南米
  • 全長:4~5cm
  • 水温・水質:15~27℃・弱アルカリ性
  • 特徴:鮮やかな黄色が印象的な観賞用の貝。底のエサを食べる。

シマカノコガイ

シマカノコガイ

  • 分布:南太平洋
  • 全長:2cm
  • 水温・水質:15~27℃・中性から弱アルカリ性
  • 特徴:ガラス面や水草に張り付く。淡水では繁殖しない。

イガカノコガイ

イガカノコガイ

  • 分布:南太平洋
  • 全長:2cm
  • 水温・水質:15~27℃・中性
  • 特徴:別名カラー・サザエ。カラーバリエーションが豊富。

いかがでしたか?

それぞれの種類に適した「水温・水質」があります。

また水草を食べる魚もいるので適材適所が肝心ですね。

アクアリウムは小さな自然。

常に環境を整え、生き物たちが快適に住める環境を作ってあげましょう。

本稿があなたのアクアリウムライフのお役に立てば幸いです。


Sponsored Links