サボテンの種類を紹介。とげなしや花がきれいな品種ってある?

サボテンの種類を紹介。とげなしや花がきれいな品種ってある?

サボテンは、日差しが強く、乾燥した地域で生息していますね。

どの種類も厳しい環境の中、さまざまな進化を遂げてきたんです。

中には「とげなし」のものや「きれいな花を咲かせる」品種もあるんですよ。

今回は、健気に生きる美しいサボテンたちを紹介しましょう。


Sponsored Links

サボテンの種類を紹介(とげなし・花編)

サボテンの種類

まずは本稿に登場するサボテンの種類をまとめてみましょう。

今回は、とげなしの種類と特に美しい花を咲かせる種類に絞っていますよ。

【サボテンの種類(原産地)】

  • ロフォフォラ属(メキシコ):翠冠玉・烏羽玉
  • アストロフィツム属(メキシコ):ランポー玉・四角ランポー玉
  • エピテランサ属(メキシコ):月世界・小人の帽子
  • ブラジリカクタス(ブラジル):雪晃
  • スルコレブチア(南アメリカ):カンディアエ
  • マミラリア(メキシコ):姫春星・金洋丸・アッセンシオニス・ピコ
  • リプサリス(ブラジル):青柳

とげなしや花を咲かせる品種ってあるの?

サボテンのイメージを大きく覆す進化したサボテンたち。

棘のないタイプや大きな美しい花を咲かせるタイプなど。

じっくり鑑賞してみましょう。

翠冠玉(ロフォフォラ属)

翠冠玉

ふっくらと膨らんだ体と柔らかな肌。

棘(とげ)のかわりに白い綿毛が生え、白い花を咲かせる。

烏羽玉(ロフォフォラ属)

烏羽玉

翠冠玉ほど太らず、青磁色と表現される肌。

ピンク色の花を咲かせる。

ランポー玉(アストロフィツム属)

ランポー玉

肌の斑点が密なため、有星類と呼ばれたのが属名になった。

棘がなく、サボテンの中でも進化した種類。

大きな黄色い花を咲かせる。

四角ランポー玉(アストロフィツム属)

四角ランポー玉

ランポー玉の一種で稜が4つの種類(通常は5稜)。

以前は希少であったが、現在は多く流通している。

小人の帽子(エピテランサ属)

小人の帽子

体一面に張り付いた白く短い棘(とげ)が可愛らしい。

成長とともに先端からフワフワの毛が生え、ピンク色の花をつける。

月世界(エピテランサ属)

月世界

自然に子吹きする。

真っ白な棘(とげ)と濃いピンクの長細い花が印象的。


Sponsored Links

雪晃(ブラジリカクタス属)

雪晃

丸い体に真っ白の柔らかな棘。

濃オレンジの花をいくつも咲かせる。

カンディアエ(スルコレブチア属)

カンディアエ

長い銀棘をまとう丸い体。

花は多く咲き、黄色からや赤色までバリエーション豊富。

姫春星(マミラリア属)

姫春星

小さめの体に大きな花をつけます。

真っ白で繊細な棘と濃ピンクの花のコントラストが美しい種。

金洋丸(マミラリア属)

金洋丸

白い棘にピンクの花が多いマミラリアには珍しく、黄色の棘に黄色の花を咲かせます。

イボ状の棘座の間の白い毛も可愛らしい種。

アッセンシオニス(マミラリア属)

アッセンシオニス

ふわっとした毛と冬に咲く薄ピンクの花が美しい。

繊細な巻き棘も特徴。

ピコ(マミラリア属)

ピコ

放射線状に長く伸びた真っ白な棘が印象的。

深緑の体とピンクの花のコントラストも絶妙。

青柳(リプサリス属)

青柳

一見してサボテンとは思えない葦サボテン。

節茎が伸び、その先に白い花を咲かせます。

いかがでしたか?

お気に入りの品種は見つかりましたか?

サボテンのイメージが少し変わったかもしれませんね。

本稿があなたのボタニカルライフの参考になれば幸いです。


Sponsored Links