猫の発熱の見分け方。症状から分かる不調の原因と対処法を詳しく解説。

猫の発熱の見分け方。症状から分かる不調の原因と対処法を詳しく解説。

猫の平熱は37.5~39度ぐらい。

安静時でも39.5度以上あるときは熱があると考えたほうがいいかもしれません。

またふるえている、呼吸が荒い、冷たい場所から動かないなどの様子がみられたら発熱のサイン。

何らかの不調を疑ってあげましょう

今回は、猫の発熱の見分け方、そして症状から分かる不調の原因や対処法についてお話しましょう。


Sponsored Links

猫の発熱の見分け方と対処法は?

猫の発熱の見分け方と対処法は?

日の当たる場所にいたり、運動したあとでもないのに体が熱い感じがする。

またふるえている、息が荒い(呼吸が早い)、ぐったりしている、冷たい場所からずっと動かない

こんな様子がみられたら発熱のサインかもしれません。

そのほか、尿の量が少ない(頻尿)、食欲がない、おう吐や下痢などがみられたら要注意。

大きな病気が隠れている可能性もあります。

そんなときは、内股の毛の薄い部分に触れてみるとよいですね。

いつもより熱い感じがしたら体温計で測ってみましょう。

体温計(人間用も可)の先にベビーオイルなどをぬって肛門から2~3cmのところで測定します。

猫の平熱は37.5度から39度前半。

39.5度以上ある場合は、発熱していると考えてよいでしょう。

もし体温が測れなくても、明らかな体温上昇を感じたらすぐに病院に連れて行ってください。

でもすぐには連れて行けない。

症状がはっきりしない。

これらの場合には応急処置を試みてみましょう。

【発熱がみられたときの対処法】

  • タオルで包んだ保冷剤で内股やわきの下、首の後ろを冷やす。
  • 38度台に下がったらいったん冷やすのを止める(冷やし過ぎに注意)。
  • 水を小まめに与える(脱水の防止)。
  • 多頭飼いの場合は、発熱のある猫を隔離する(ウィルスなどの伝染防止)。
  • 排泄物の処理とトイレ、寝床の消毒をする(ウィルスなどの伝染防止)。

Sponsored Links

症状から分かる不調の原因は

症状から分かる不調の原因は

発熱はさまざまな原因で起こる症状の1つに過ぎません。

そのほかの症状から原因が見つかるかもしれませんよ。

発熱の主な原因や発熱以外の症状をまとめてみましょう。

【発熱の原因(ほかの症状)】

  • 熱中症:息が荒くなる。よだれをたらす。けいれんや嘔吐。ショック症状。
  • 気管支炎:乾いた咳(のどがつまったような様子)
  • 肺炎:呼吸困難
  • 猫風邪(猫伝染性呼吸器症候群):くしゃみ、鼻水、せき、目やに。
  • 猫伝染性腹膜炎:腹水がたまる。呼吸困難(肺の圧迫)。食欲低下。
  • 猫汎白血球減少症:激しい嘔吐と下痢(出血を伴う粘液性の便)。
  • 猫白血病ウィルス感染症:リンパ節の腫れ。貧血。免疫力の低下。
  • 中耳炎:頭を振る。首をかしげる。耳の奥の痛み。ふらつき(平衡感覚低下)。
  • 膀胱炎:頻尿(尿量の減少)

熱中症は夏に起こるとは限らない!

猫には汗腺がほとんどないため、汗をかいて体温を下げることができません。

このため短時間で熱中症になることが多いんですね。

夏の暑い時期では炎天下の屋外や締め切った室内で起きるのが一般的です。

しかし冬の時期でも注意が必要。

室内の暖め過ぎやホットカーペット、ペットヒーターの過加熱で起こることも少なくありません。

また春や秋の時期でも暑い日は注意が必要。

特に車の中に放置することはもってのほかです。

生存可能温度を超える危険がありますよ。

息が荒くなって、よだれをたらしていたら熱中症のサインです。

また歯ぐきに赤みが見られたり、心臓の鼓動が早かったりしたらかなりの高熱である可能性があります。

さらにショックを起こすと、歯ぐきが白っぽくなったり、嘔吐やけいれんを起こすことがあります。

すぐに応急処置を試みましょう。

立てなかったり、意識がないような場合では、病院に連れて行く前に死んでしまうかもしれません。

屋内では風呂場、屋外では涼しい場所に移します。

このとき扇風機を用いるのはあまり効果がありません。

汗をかかない猫の場合は、気化熱として放出されないからです。

直接、首筋、後頭部、体全体に水をかけてあげましょう。

霧吹きを用いるのもよいでしょう。

意識がはっきりしてきたら、タオルで水分を拭き取り、水を十分に与えて休ませます。

その後、補液などの処置が必要になるので安心せず、必ず病院に連れて行きましょう。

さまざまな感染症で起きる症状とは?

「気管支炎」では、乾いた咳が特徴で、のどに何か詰まって吐くような様子が見られます。

ウィルスや細菌によって起こった鼻やのどの炎症が気管支まで広がったことが考えられます。

放っておくと「肺炎」まで進行することもまれではなく、とても注意が必要です。

肺炎ではひどい発熱や呼吸困難を起こし、重篤な状態に陥ることがあります。

また発熱し、くしゃみや鼻水、咳のほか、目やに(結膜炎)などが見られたら「猫風邪」の可能性があります。

ヘルペスウィルスやカリシウィルス、クラミジアなどが代表的な原因ですね。

体力のない子猫や抵抗力の低下した老猫では重篤化することもあるので気を付けましょう。

「猫伝染性腹膜炎(猫コロナウィルス)」では、発熱のほか、腹水がたまったり(ウェットタイプ)、眼球の白濁や神経症状を起こす(ドライタイプ)こともあります。

そのほかの感染症としては、「猫汎白血球減少症(猫パルボウィルス感染症)」「猫白血病ウィルス感染症」「猫伝染性貧血(ヘモバルトネラ症)」などが知られています。

意外な原因では、「中耳炎」の可能性もありますね。

中耳炎は、外耳炎が進行して起こることが多く、発熱のほか激しい痛みを感じている可能性があります。

いつも首をかしげていたり(斜頸)、食欲不振がみられたりします。

これらの特徴となる症状を注意深く観察してみましょう。

進行すると内耳炎まで進行し、平衡感覚を失うこともある重大な病気です。

いかがでしたか?

猫の発熱に早く気付いてあげるには、普段の平熱を知っておくことが大切です。

熱が出ていることがわかったら、放置せず、すぐに病院に連れて行きましょう。


Sponsored Links