猫のお腹の膨らみが大きいのは病気?たるみの場合はルーズスキンかも。

猫のお腹の膨らみが大きいのは病気?たるみの場合はルーズスキンかも。

猫のお腹が膨れるのはなぜ?

もしかすると何らかの病気である可能性もあります。

原因には、心臓や肝臓の病気、またウィルス感染や腫瘍などによる腹膜炎で「腹水」がたまっていることが考えられます。

そのほか腸の寄生虫によるもの、うんちやおしっこが病的にたまっている場合も考えられますね。

一方、健康な状態でもたるみがみられるときはルーズスキンかもしれません。

今回は、猫のお腹の膨らみが大きい場合について、詳しくお話していきましょう。


Sponsored Links

猫のお腹の膨らみが大きいのは病気?

猫のお腹の膨らみ

お腹が膨らむ原因はいくつか考えられます。

健康であれば、単なる肥満症、メスなら妊娠しているのかもしれません。

でも問題は何らかの病気である場合ですね。

簡単に分けると、腹水、寄生虫、そしてうんちやおしっこがたまっている場合です。

いずれも決して軽くない病気のことが多いんです。

それぞれの場合について詳しくみてみましょう。

腹水がたまる病気の種類は?

体液(血管中の血液から水分が移動する)が腹腔内にたまったものを指しますね。

この腹水がたまる原因で代表的なものをまとめてみましょう。

【腹水がたまる病気】

  • 心筋症
  • 肝炎
  • 脂肪肝(肝リピドーシス)
  • 猫伝染性腹膜炎
  • 腫瘍による腹膜炎

腹水がたまって異常にお腹が膨らむ症状は重篤な状態を示している可能性があります。

徐々に胸部を圧迫して呼吸困難に陥ることもあります。

【心筋症】

  • 病態:心臓の筋肉が正常に働かなくなる病気。
  • 症状:腹水、四肢がむくむ、咳、呼吸困難、血栓症など。
  • 原因:心機能が低下して血液が滞るため。
  • 治療:対症療法(血管拡張剤、利尿剤、食事療法など)のみ。
【肝炎】

  • 病態:肝臓が炎症を起こし、機能(胆汁分泌、解毒、たんぱく質合成など)が低下する。
  • 症状:おう吐や下痢、食欲低下、重症例では腹水や黄疸、筋力低下など。
  • 原因:毒物や薬剤の中毒、ウィルスや寄生虫の感染性肝炎。
  • 治療:原因疾患の治療、強肝剤、食事療法など。
【脂肪肝(肝リピドーシス)】

  • 病態:肝臓に中性脂肪が過度に蓄積することで肝不全を起こす。
  • 症状:食欲低下、嘔吐、下痢(黒色便)、重症例では腹水や黄疸、筋力低下など。
  • 原因:不明であるが、肥満が要因になることも。胆管肝炎や胆道閉塞、糖尿病、膵炎などとの関与も。
  • 治療:強制給餌、(肥満の予防・改善)。
【猫伝染性腹膜炎(FIP)】

  • 病態:ウィルスが腸で繁殖し、腹膜炎を起こす。
  • 症状:腹水、胸水がたまる。高熱が続く。体重減少。
  • 原因:コロナウイルスの感染による。
  • 治療:治療薬はないため対症療法(ステロイド剤、インターフェロン、腹水や胸水を吸引する)のみ。
【腫瘍による腹膜炎】

  • 病態:リンパ系に腫瘍ができる。
  • 症状:おう吐や下痢。腹水がたまる。
  • 原因:腸管に腫瘍できる消化器型。ウィルス感染が原因のことも。
  • 治療:抗がん剤や放射線療法。

そのほかの病気である可能性は?

【寄生虫】

  • 病態:猫回虫や犬小回虫(猫で最も多い)が腸に寄生する。成猫の場合は無症状であることが多い。
  • 症状:子猫に多数寄生するとお腹が膨れる。おう吐や下痢、貧血、腸閉塞(回虫が詰まる)を起こす。
  • 原因:土の中の卵、回虫を持つネズミや鳥から感染する。母猫から母乳を通して感染することもある。
  • 治療:駆虫薬の投与。体力の低下がある場合は栄養剤。便の処置を徹底して予防する。
【猫下部尿路症候群(尿石症)】

  • 病態:尿路に結石(ストルバイト結石、シュウ酸カルシウム結石)ができる。細菌感染も同時に起こることが多い。
  • 症状:頻尿、乏尿、血尿。完全に詰まると尿閉塞を起こすことがある。尿毒症の危険も。
  • 原因:尿がアルカリ性になったり(ストルバイト結石)、カルシウム濃度が高くなる(シュウ酸カルシウム結石)ことによる。
  • 治療:食事療法。結石を溶かす。カテーテル洗浄。外科手術で取り出すことも。感染時は抗生物質の投与。
【腸閉塞】

  • 病態:胃から送られてきた内容物が腸に詰まる。
  • 症状:激しいおう吐や腹痛。脱水やショック症状。腸にガスや便がたまってお腹が膨れる。
  • 原因:異物(ひも状のものが多い)の誤飲・誤食。腫瘍や腸ねん転、腸重積などの疾患であることも。
  • 治療:開腹手術。

一方、膨らみではなく、お腹がたるんで見えることもあるかもしれません。

この場合は病気なのでしょうか?

もう少し見ていきましょう。


Sponsored Links

たるみの場合はルーズスキンかも

cat-stomach3

お腹がたるんで見える場合、確かに病気であることも考えられます。

【副腎皮質機能亢進症】

  • 病態:副腎皮質ホルモンの過剰分泌があ起こる。
  • 症状:多飲・多尿や食欲亢進。左右対称の脱毛。筋肉の脱力・萎縮のためにお腹がたるむ。
  • 原因:ステロイド剤の長期服用。脳の下垂体や副腎自体にできた腫瘍。
  • 治療:ステロイド剤を減らす。腫瘍の摘出。

この副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)では、筋肉の脱力・萎縮よってお腹が垂れ下がって見えることがあります。

他の明らかな症状もありますので、気が付いた点があれば、まずはこの病気を疑ってみるべきでしょうね。

もう1つお腹がたるんで見える場合があります。

いわゆる「ルーズスキン」です。

正確には、プライモーディアル・ポーチ(原始的な袋)という呼び名が付いていますよ。

これは病気ではなく、体の特徴とも言えるもので、お腹から後肢にかけての皮膚のたるみを指します。

普通に見られるものですが、特に血統によってみられやすい品種があります。

またチャームポイントとして褒められるべきものなんです。

【ルーズスキンの見られる品種】

  • アメリカンショートヘア
  • ベンガル
  • ピクシーボブ
  • エジプシャンマウ

いかがでしたか?

お腹の膨らみは、ゆっくり進行することが多いようです。

単なる肥満や妊娠の場合と区別がつかないこともあります。

日頃の様子や別の症状とも併せて考えてみましょう。

また気になることがあったらすぐに獣医さんに相談することをお勧めします。


Sponsored Links