猫の種類【長毛種一覧】。毛並みの美しさランキングも紹介。

猫の種類【長毛種一覧】。毛並みの美しさランキングも紹介。

長毛種の猫は、とても毛並みが美しく、気高いイメージがありますよね。

また品種改良が加えられた種類が多く、そのため頭がよく性格もおだやかと言われています。

今回は、進化した美しき猫たちの魅力をランキング形式で紹介しましょう。


Sponsored Links

第1位 ターキッシュ・アンゴラ:超絶美貌の持ち主、トルコの生きる宝石

ターキッシュ・アンゴラ:超絶美貌、トルコの生きる宝石

【被毛の特徴】

  • 繊細でシルキーな手触り
  • シングルコートで毛玉になりにくく、お手入れは簡単

【性格】

  • 好奇心旺盛で遊び好き
  • 順応性が高い
  • 声は小さめ
  • 頭がよく、初心者でも飼いやすい
  • 少し神経質なので単独飼いがおススメ

【特徴】

  • ボディは細身で筋肉質
  • 大きめの立ち耳
  • 目はアーモンド形
  • 目色はオッドアイも(両目で色が異なる)

【サイズなど】 

  • 体重:2.5~4.5㎏
  • その他:十分な運動量が必要

第2位 バーマン:シルキーな被毛と純白の足先は貴族の気品

バーマン:シルキーな被毛と純白の足先は貴族の気品

【被毛の特徴】

  • シルキーな被毛が美しい
  • 前足はグローブ、後足はレースと呼ばれる純白の足先
  • シングルコートで毛玉になりにくく、お手入れは簡単

【性格】

  • とても温和
  • 親しみやすく社交的
  • 活動的で運動量が多い
  • 子供とも上手に付き合える
  • あまりいたずらはしない
  • 頭がよく、飼いやすい

【特徴】

  • サファイアブルーの瞳が印象的
  • ふっくらした顔立ちと高い鼻

【サイズなど】 

  • 体重:3~6.5㎏
  • その他:股関節形成不全や膝関節の脱臼に注意

第3位 ラグドール:ぬいぐるみが語源、世界でも人気急上昇

ラグドール:ぬいぐるみが語源、飼いやすさでも世界でも人気急上昇

【被毛の特徴】

  • シルキーな触り心地は癒し系
  • 毛色は白が基調
  • 成長がゆっくりで毛色の定着は2歳半~3歳
  • ダブルコートだがもつれにくい毛質で、お手入れは比較的簡単

【性格】

  • 穏やかで落ち着いている
  • ほとんど鳴かない
  • 引っかくことが少ない
  • あまりいたずらをしない
  • すこし寂しがりで甘えん坊
  • 性格的にとても飼いやすい

【特徴】

  • ぬいぐるみと名付けられるほど「抱っこ」が大好き
  • 瞳はサファイアブルー
  • 意外とガッチリ系
  • 運動不足で肥満になりやすい
  • 一般の猫のサイズより大きくなる

【サイズなど】

  • 体重:5~9㎏(大型種)
  • その他:運動が苦手なのでケガに注意・キャットツリーは低めに設定

Sponsored Links

第4位 ロングヘアー・マンチカン:フワフワのロングヘアーも魅力的

マンチカン:フワフワのロングヘアーも魅力的

【被毛の特徴】

  • シルキーでフワフワのロングヘアー
  • 毛色のバリエーションが豊富

【性格】

  • 人懐っこい
  • 温厚
  • 好奇心が強く活動的
  • 人と遊ぶのが大好き
  • 子供や同居猫にもよく順応
  • 頭がよく、初心者でも飼いやすい

【特徴】

  • 多くの品種と交配されているので多彩なタイプがある
  • 短毛種で胴長短足が知られているが「長毛種」「足長」も
  • 瞳の色もバリエーション豊富
  • 成猫になると凛々しい顔立ち

【サイズなど】

  • 体重:2.5~4.5㎏
  • その他:肥満による椎間板ヘルニア(短足の場合)に注意

第5位 ヒマラヤン:ペルシャのロングヘアーとシャムの瞳はセレブから大人気

ヒマラヤン:ペルシャのロングヘアーとシャムの瞳はセレブから大人気

【被毛の特徴】

  • ペルシャ猫譲りの柔らかなロングヘアー
  • ポイントカラーが決め手
  • 毛質が繊細でもつれやすいため、小まめなお手入れが必要

【性格】

  • とてもおっとりしている
  • 飽きっぽいところがある
  • 飼いやすい

【特徴】

  • シャム猫譲りのサファイアブルーの瞳
  • 鼻が短く、親しみやすい顔立ち
  • 運動は苦手

【サイズなど】

  • 体重:4~7㎏(9㎏程度まで大きくなる場合も)
  • その他:長毛種なので毛球症に注意

第6位 アメリカンカール:カールした耳の子が生まれる確率は50%?

アメリカンカール:チャーミングなカールした耳の確率は50%

【被毛の特徴】

  • フワフワでなめらか
  • 長毛種が知られているが「短毛種」も
  • アンダーコートが少なめでお手入れは比較的簡単

【性格】

  • 人懐っこく子供とも仲良くできる
  • 人と遊ぶのが大好きで「ピーターパンキャット」とあだ名されるほど
  • おとなしくいたずらはあまりしない
  • 留守番が上手
  • あまり手がかからず、飼いやすい

【特徴】

  • 語源となった外向きにカールした耳
  • カールした耳が生まれるのは50%程度
  • カールが定着するのは生後3~4か月
  • あまり鳴かない
  • 子猫の期間が長く成長がゆっくり

【サイズなど】 

  • 体重:3~5㎏
  • その他:耳の軟骨が傷つきやすい、外耳炎にも注意

第7位 メインクーン:フサフサの被毛と豊かなシッポが特徴

メインクーン:フサフサの被毛と豊かなシッポが特徴

【被毛の特徴】

  • 首とお腹、しっぽの被毛は柔らかくフサフサ
  • アライグマ(ラクーン:語源)を連想させる毛並み
  • 毛質はややオイリー
  • ダブルコートで小まめなお手入れが必要

【性格】

  • とてもおとなしい
  • 頭がよく、しつけがしやすい
  • 子供や同居ペットがいても安心

【特徴】

  • ピンと立った耳と高い鼻
  • 手先が器用(ドアを開けたり、物を持って遊んだりする)
  • 一般の猫のサイズより大きくなる
  • 少し寂しがりや

【サイズなど】 

  • 体重:6~9㎏(大型種)
  • その他:長毛種なので毛球症に注意

第8位 ノルウェージャンフォレストキャット:ノルウェーの神話に登場する伝説の森の猫

ノルウェージャンフォレストキャット

【被毛の特徴】

  • 厳しい寒さに耐える厚手で豪華なコート
  • ウールのようなアンダーと撥水機能にすぐれたオーバーのダブルコート
  • 弾力があってふわふわの長い尻尾
  • お手入れは意外に簡単

【性格】

  • 穏やかで落ち着いている
  • 知的で順応性が高い
  • 遊び好きで活発な一面も

【特徴】

  • ノルウェーの神話に登場する大きな猫のモデル
  • 大きなアーモンド形の瞳は表情豊か
  • 四肢の先は飾り毛がついて丸い
  • 大きくガッチリ体型であるが、身軽でキャットツリーが大好き
  • 成長がゆっくりめなので食事量は多めに

【サイズなど】 

  • 体重:3.5~6.5kg
  • その他:運動量は多めに

番外 スコティッシュフォールド:希少な長毛種は幸運を呼ぶ?

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドは、可愛らしい「折れ耳」や「スコ座り」で人気の猫種ですね。

長毛種も存在しますが、とても数が少なく珍しい存在であることから「幸運を呼ぶ」と言われるほどなんです。

長毛種の猫のお手入れはやっぱり大変?

長毛種の猫のお手入れはやっぱり大変

被毛には、オーバーコート(皮膚の保護)とアンダーコート(体温調節)の2種類があります。

「シングルコート」とは、アンダーコートがない(少ない)タイプを指します。

「ダブルコート」は一般的で、2種類の被毛が揃っているタイプです。

特に換毛期は、体温を調節するアンダーコートの方が抜け替わるので、入念なブラッシングが必要です。

このことからシングルコートの猫種(ターキッシュ・アンゴラやバーマンなど)はお手入れが比較的簡単と言われます。

またコートの種類以外にも、品種によって毛質や抜け毛の量が異なります。

これらのことから、単に短毛だから楽、長毛だから大変とは言えないようです。

しかし長毛種は毛玉になりやすく、ブラッシングなど日常の手入れを怠ると、毛球症や皮膚病の原因になります。

ダブルコートの猫種の場合、1日2回以上のブラッシングは欠かせません。

いかがでしたか?

長毛種には、美人で性格も穏やかな種類が揃っていましたね。

本稿があなたの猫種選びの参考になれば幸いです。


Sponsored Links