猫の冬の過ごし方をくわしく解説。その対策法は間違っているかも!

猫の冬の過ごし方をくわしく解説。その対策法は間違っているかも!

愛猫が初めての冬を迎える。

毎年体調を崩すのが気掛かり。

お留守番のときが心配。

飼い主さんの悩みが増える季節ですね。

「いつもの対策法で本当に大丈夫?」

今回は、猫の冬の過ごし方について、くわしく解説していきましょう。


Sponsored Links

猫の冬の過ごし方をくわしく解説

猫の冬の過ごし方をくわしく解説

猫は、季節の変化を本能的に感じています。

皮膚や被毛にあるセンサーで温度や気圧の変化などを敏感に察知するのです。

暑さよりも寒さの方に敏感で、見た目や行動にさまざまな変化が見られます。

被毛(冬毛)、食事や飲水の量、そして居場所などの変化に気付くことでしょう。

簡単にまとめてみましょう。

【猫にみられる変化】

  • 冬毛に変わる:オーバーコートが伸びる。アンダーコートが増える。モフモフ感が増す(首のまわり)。
  • 食欲が増す:食べる量を増やして脂肪を蓄える。
  • 飲水量が減る:体温を下げる必要がなくなる。
  • 居場所が変わる:体を温められる場所を探す。
  • 日向ぼっこが増える:日光に当たる時間を確保する(骨の生成に必要あビタミンDの生成のため)。
  • 睡眠時間が増える:消費カロリーを抑えようとする。
  • 丸くなって寝る:体表面積を減らして放熱量を抑えようとする。
  • 猫同士や人とのスキンシップが増える:他者の体温で温まろうとする。

猫は、寒さにとても敏感です。

さまざまな冬支度を自分ですることができるんです。

「猫はこたつで丸くなる~♪」なんていう童謡は猫の生態そのものを表していますね。

陽が当たる場所で日向ぼっこしたり、狭いところに入って自分の体温で温まったり、暖房器具の前に陣取ったりするのは定番。

そのほか、炊飯器の上やお風呂のフタの上など、暖かいところを見つける天才です。

だから飼い主が必要以上に心配することはないんです。


Sponsored Links

最低限必要な寒さ対策とは

最低限必要な寒さ対策とは

猫は、最低限の対処で、十分快適に過ごすことができます。

以下にまとめてみましょう。

【最低限必要な寒さ対策】

  • 四方が囲まれているベッドを用意する:空気が逃げず、体温で温まることができる。
  • 猫が登れる高いところ(棚の上など)にベッド(毛布)を用意する:暖かい空気が上部に移動するため。
  • 自由に往来できる場所にペット用ホットマット(猫の体温を利用)を敷く:電気を使わないためリスク減。
  • 水飲み場を増やす(ウェットフードに変える):飲水量が減って「尿石症」になりやすいため。
  • フードの量は増やし過ぎない(ウェットフードに変える):食欲が増進して肥満になりやすいため。

一方、「子猫」は、まだまだ体温調節が苦手です。

また「老猫」では代謝が低下していたり、被毛が薄くなっていて、防寒が十分でないことが考えられます。

「低体温症」や「免疫力の低下」を起こさないように注意してあげましょう。

その対策法は間違っているかも

その対策法は間違っているかも

飼い主さんが、愛猫を心配するあまり、過剰に寒さ対策を行うと逆効果になることがあります。

「脱水」や「熱中症」、「低温やけど」などの事故につながることも。

良かれと思ってしたことが裏目に出ないとも限りませんよ。

冬の意外な落とし穴について押さえておきましょう。

【寒さ対策の落とし穴】

  • 留守番時にエアコン(暖房)をつけっぱなしにする:暑くなっても逃げ場がなくなる。
  • 留守番時に床暖房を使っている:暑くなっても逃げ場がなくなる。
  • こたつの中に自由に入らせている:出られなくなる恐れがある。
  • ストーブの前に陣取っているが好きにさせている:被毛の一部に熱が集まって「やけど」することがある。
  • ホットカーペットを使用している:「脱水」「熱中症」「低温やけど」を起こすことがある。
  • 暖かい部屋にトイレを移動させている:慣れない場所では警戒して我慢することがある。

特に留守番中の事故には注意が必要です。

「エアコン」は、飼い主がいないときは切るか、暑くなったら移動できるようにドアは開けておきましょう。

「床暖房」も同様ですが、キャットタワーやその他、猫が登れるスペースがあればよいでしょう。

「こたつ」は電気が入っていなくても1隅を開けて確実に出入りできるようにしておきましょう。

「暖房器具(ストーブ、ヒーター類)」を使うときは柵を使ってあまり近づけないようする方が無難です。

「ホットカーペット」を使用するときは、上に毛布などを1枚敷いておくとよいでしょう。

温度も極力低めに設定しておく方が安全です。

「トイレ」は移動せず、もう1つ新たに用意して選択させる方が有効です。

いかがでしたか?

貴方の愛猫が、健康で快適な冬を過ごせることを祈ってこの稿を終わります。


Sponsored Links