オカメインコの種類一覧。その性格や人気の色までくわしく解説!

オカメインコの種類一覧。その性格や人気の色までくわしく解説!

オカメインコはコンパニオンバードとして人気の品種です。

美しく華やかなスタイルと穏やかな性格はパートナーとして最適。

今回は、オカメインコの種類を一覧で紹介。

その性格や人気の色まで解説しましょう。


Sponsored Links

オカメインコのスタイルと性格は

オカメインコのスタイルと性格は

華やかな冠羽、長い尾羽、流麗なスタイルがとても上品。

そしてとても温和な性格から貴族的な印象を持ちます。

「オカメ」の由来となった赤いほっぺ(チーク・パッチ)が親しみやすさも与えていますね。

人と触れ合うのが大好きで、体も丈夫。

長く付き合っていけるコンパニオンバードです。

一方、「噛み癖」「呼び鳴き」がみられるのも特徴のうち。

また臆病な性格で物音や光などに反応して「オカメパニック」を起こすことはよく知られていますね。

このあたりも含めて上手に付き合っていきたいものです。

【オカメのプロフィール】

  • 原産地:オーストラリア
  • 体長:30~35cm
  • 体重:80~100g
  • 寿命:20~30年

オカメインコの種類一覧

オカメインコの種類一覧

オカメは、「改良種」がとても多く存在しています。

簡単に整理してみましょう。

「ノーマル」には、メラニン色素(グレー、ブラウン、ブラック)とリボクローム色素(イエロー、オレンジ)があります。

これらが基本となり、色素の欠損や変化により多彩な色が表れますよ。

顔のカラー、体のカラー、羽の模様によって分類され、それぞれの特徴を表す名前が付けられていますね。

【顔のカラーの特徴】

  • パステルフェイス(PF):チーク・パッチの色が薄い。
  • ホワイトフェイス(WF):イエローやレッドの色素が抜けて白くなる。
  • イエローチーク(YC):チーク・パッチの色が顔の黄色と同化する。イエローフェイスとも。
  • ドミナントイエローチーク(DYC):イエローチークよりもチーク・パッチの色が濃い。
【体のカラーの特徴】

  • ルチノー(lutino):色素の欠損によりクリーム色になる。
  • シナモン(cinnamon):レッド・ブラウンの色素がブラックの色素を上回ったカラー。
  • ファロー(fallow):メラニン色素が薄く変色してシナモンより薄い。
  • エメラルド(emerald):グレーとクリーム・イエローが混ざって「オリーブ」とも表現される。
【羽の模様の特徴】

  • パール(pearl):メラニン色素の欠損により羽に「波模様(パール模様)」ができる。
  • パイド(pied):羽に「斑(まだら)模様」がある。
  • パール・パイド(pearl pied):パイドの部分にパールの特徴が表れる。

それでは、オカメの色や模様の組み合わせを見ていきましょう。


Sponsored Links

人気の色を見てみよう

人気の色を見てみよう

ノーマル(原種)では、オス(右側)の方が、顔から冠羽がはっきりとした黄色で、チーク・パッチも濃いのが大きな特徴です。

メス(左側)は、それぞれが薄く、全体として地味な印象です。

オカメと聞いてイメージするのは、このオスの方でしょうね。

ルチノー(通称:白オカメ)

ルチノー(白オカメ)

ルチノーは、体色はクリーム色で顔と冠羽がイエロー。

チーク・パッチも濃いオレンジ。

もっともオカメらしいオカメといってもよいかもしれません。

ホワイトフェイス・ルチノー(通称:アルビノ)

ホワイトフェイス・ルチノー

ホワイトフェイス・ルチノーは、メラニン色素、リボクローム色素がともに抜けているタイプ。

全身が真っ白でブドウ目。

純白のボディが、気品の高さを感じさせます。

パイド

パイド

パイドは、体に斑(まだら)の模様が入っているタイプ。

斑の柄は、個体によって大きさや場所が変わります。

パイドは、他の種類でもさまざまな組み合わせで表れます。

パステルフェイス・パイド

パステルフェイス・パイド

パステルフェイスは、チーク・パッチが薄いタイプ。

こちらはパイドの特徴も表れたもの。

ホワイトフェイス

ホワイトフェイス

ホワイトフェイスは、顔や冠羽、チーク・パッチからイエローやレッドの色素が抜けたタイプ。

派手さはないものの、シックで落ち着いた雰囲気が感じられます。

ホワイトフェイス・パール・パイド

ホワイトフェイス・パール・パイド

ホワイトフェイス・パール・パイドは、ホワイトフェイスの特徴とパール・パイドの特徴を併せ持った品種。

シナモン

シナモン

シナモンは、レッド・ブラウンの色素がブラックの色素を上回ったカラーです。

原種に近く、温かみが増した印象ですね。

ブロンズ・ファロー

ブロンズ・ファロー

ファローは、メラニン色素が薄く変色した品種で、シナモンよりも薄いカラー。

肢は薄いピンク色です。

エメラルド(オリーブ)

エメラルド(オリーブ)

エメラルドは、ライト・グレーとクリーム・イエローが混ざってグリーンに見える。

「オリーブ色」とも表現されるカラー。

ドミナントイエローチーク・エメラルド

ドミナントイエローチーク・エメラルド

ドミナントイエローチークは、イエローチークよりもチーク・パッチの色が濃い。

ボディカラーはエメラルドで、とても珍しい配色の品種。

いかがでしたか?

お気に入りのオカメは見つかりましたか?

本稿が、あなたのオカメ選びの参考になれば幸いです。


Sponsored Links