クレステッドゲッコーのモルフと飼育方法。ケージの基本から餌や温度管理まで解説!

クレステッドゲッコーのモルフと飼育方法。ケージの基本から餌や温度管理まで解説!

クレステッドゲッコー(オウカンミカドヤモリ)は「クレス」の愛称で呼ばれるヤモリの仲間。

「レオパ」と並ぶ人気種ですね。

神秘的な風貌は抜群の存在感と独特のオーラを放ちます。

今回は、クレスのモルフ(種類)について紹介。

そして、ケージのレイアウトの基本から餌や温度管理まで、飼育方法のあれこれについてお話しましょう。


Sponsored Links

クレステッドゲッコーのモルフを紹介

クレステッドゲッコーのモルフを紹介

クレスもレオパと同様、多くのブリーダーが存在し、品種改良が進んでいます。

だから同じクレスでも、さまざまな種類が「交配」によって作り出されています。

このうち、体色や柄が遺伝的に定着固定したものを「モルフ」と呼び、まるで異なる品種のように見えるものも存在します。

それではクレスのモルフについて見ていきましょう。

パターンレス

パターンレス

単色(ソリッド)とも呼ばれる。

ほとんど模様がなく、背中とお腹が同じカラー。

バイカラー

バイカラー

模様がなく、背中とお腹のカラーが異なる。

クリームシクル

クリームシクル

ファイア(側面から炎のような模様が入る)が基本。

濃いオレンジ(レッド)の地にクリーム色のファイアが入る。

ハーレクイン

ハーレクイン

サンダーボルトとも呼ばれる。

ファイアが足にも入る。

ピンストライプ

ピンストライプ

これもファイアが基本。

頭から尾までストライプが入る。

ダルメシアン

ダルメシアン

黒いスポットが点在する。

タイガー・ピンストライプ

タイガー

タイガーは、背中からお腹にトラ柄が入る。

こちらはピンストライプの特徴も持つ。

ダーク・ピンストライプ・ハーレクイン

ダーク・ピンストライプ・ハーレクイン

ピンストライプとハーレクインの特徴を持ったもの。

カラーと模様はさまざまに組み合わされ、複数の特徴をあわせ持つものもいますね。

いかがですか?

続いてクレスの飼育方法について見ていきましょう。


Sponsored Links

クレスの飼育方法(ケージ・温度管理)を解説

クレスの飼育方法

クレスの出身地は、ニューカレドニア。

「多湿性樹上系」のヤモリなんです。

飼育はいたって容易。

また「人工飼料」に対応できるところも特徴のひとつですね。

ケージレイアウトの基本をまとめてみましょう。

【ケージレイアウト】

  • ケージ:幅は45cm(単独飼いの場合)程度でOK。高さのある前開きのものがベスト。
  • 登り木:樹上性のため。木の枝や流木、コルクバーグなどを入れる。隠れ場所としても。
  • 床材:ペットシーツやキッチンペーパーでよい。ヤシガラは誤嚥するので使わない方が無難。
  • ウェット・シェルター:容器に軽く湿らせた水苔を入れておく。コルクバーグで隠して設置する。
  • 餌トレイ:人工飼料を与える。※後述
  • ヒーター:遠赤外線パネルヒーターなど。ケージの壁面に貼る。
  • 植物:ポトス(乾燥すると枯れる)など。ケージ内の湿度を示す指標にもなる。
  • ライト:蛍光灯(弱い紫外線が出る)。ボディカラーの維持にも。

樹上性のため、高さ重視のケージが必要。

また上方からの侵入は、天敵の襲来を思わせます。

恐怖を感じさせるので「前開き」のケージがベターですね。

ケージ内の「温度」は、25~32℃(28℃が適温)程度を維持。

一方、「湿度」は神経質になる必要はなく、乾燥させないのが基本。

毎晩、全体的に「霧吹き」する程度で問題ないでしょう。

管理が難しい場合は、タイマー付きの「ミストシステム」を使う手もありますよ。

壁面の水滴を舐めるので、「水分補給」の役割もあります。

むしろ高温多湿(蒸れ)状態にならないよう注意が必要です。

餌は何を与える?

餌は何を与える

クレスは「雑食性」。

「餌」「人工飼料」をメインにしてかまいません。

実はこれが人気の理由でもあるんです。

また栄養バランスを考えても、むしろ好都合なこと。

でも、総合食(クレステッドフード)、昆虫食(ガーゴイズフード)、果実食(ジャイアントフード)の3種類あるので、使い分けは必要です。

幼体には、動物性たんぱく質が豊富な「ガーゴイル」

成体には、バランスのよい「クレステッド」

肥満気味の個体には「ジャイアント」を与えるとよいでしょう。

粉末状の飼料を水で溶いて用います。

幼体(成長期)では、毎日少量ずつ与えると効果的です。

成体では、週に2~3回を目安に、そのうち1回はカルシウム剤を添加するのがベターです。

餌食いが悪いときは、水の代りに100%果実ジュースを用いる方法もあります。

またコオロギやミルワーム(冷凍も可)なども週に1度は与えましょう。

いかがでしたか?

クレスはとても長生き(15年ほど)。

立派なクレスに育て上げたいものですね。

本稿が、あなたのペットライフのお役に立てれば幸いです。


Sponsored Links