【犬の体調不良】の見分け方。変化を見逃さない健康チェックの方法とは?

【犬の体調不良】の見分け方。変化を見逃さない健康チェックの方法とは?

愛犬の体調はいつも気掛かりなもの。

小さな変化を見つけることで、早期発見・早期治療につなげることができます。

今回は、犬の体調不良の見分け方についてお話ししましょう。

変化を見逃さない健康チェックの方法とは?

詳しく見ていきましょう。


Sponsored Links

愛犬の体調不良の見分け方

愛犬の体調不良の見分け方

先ずは愛犬の「顔」を観察してみましょう。

いつも見ている顔のパーツだけでもさまざまなことに気付くはずです。

また全身の不調を表すこともありますね。

チェックすべきポイントをまとめてみましょう。

【犬の顔から分かること】

  • :輝きがあり、濁りや充血がみられない。目やにが出ていない。
  • :適度に湿っていてつやつやしている。就寝中や起床直後はやや乾いている。
  • :内側の皮膚がきれいで肌の色と変わらない。耳垢がたまっていない。
  • :よだれが少ない。口臭が少ない。歯ぐきは濃いピンク色をしている。
  • :しっかりしてぐらつきがない。折れや欠けがない。変色がない。

続いて「バイタルサイン」をチェックをしてみましょう。

バイタルサインとは、生命に関する最も基本的な情報のことですね。

これらを測定することをバイタルチェックと呼びます。

病院に行ったときも、獣医さんが最初に測ったり、尋ねたりする項目ですね。

【犬のバイタルチェック】

  • 体温(平熱)小型犬38.5~39℃ 大型犬:37.5~38.5℃ ※後ろ足の付け根に体温計を挟む。
  • 呼吸数:安静時の1分間の呼吸数を測る。わき腹が動く回数(一定していれば、15秒×4、30秒×2でもよい)。
  • 体重:小型犬(かごにのせる、抱っこして測って人の分を引く)、大型犬(2台の体重計で測って合計する)
  • 尿(正常):薄黄色の透明で濁りがなく、多少のアンモニア臭がある。
  • 便(正常):形がしっかりしていて、つまんで持ち上げても形が崩れない。後にも残らない。

また犬の「動作や様子」から異変に気付くこともありますね。

毎日、自然に観察していることですね。

【犬の動作や様子から分かること】

  • 食欲(食事量):フードのグラム数は一定にする。フードの種類を変えたときはカロリーで量を決めなおす。
  • 鳴き声:鳴き声や鳴く様子が普段と変わっていないか。
  • 歩き方:足をひきずったり、片方を上げたりしていないか。お尻を振っていないか。
  • 立ち上がり・座り:俊敏に立ち上がれるか?ぎこちなくないか。きちんとした形で座れるか。
  • 安静時の様子:特定の部分をなめたり噛んだりしていないか。落ち着きはあるか。

Sponsored Links

変化を見逃さない健康チェックの方法とは?

変化を見逃さない健康チェックの方法とは

測定したり、観察したりした項目に異変を感じたら、以下のチェックリストを参考に記録してみましょう。

病院に行ったときにも、獣医さんに愛犬の状態を整理して説明することができますね。

診察の重要な情報源になることでしょう。

【犬の健康チェックリスト】

  •   年  月  日(  時  分)
  • 体 温:(    ℃)※±1℃以上の変化に注意
  • 呼吸数:(  回/分)
  • 体 重:(    kg)
  • 尿:色・ニオイ(   )・回数・量(   )
  • 排尿時の様子
  • 便:形状( 軟便 下痢便 血便 )・ニオイ(   )・回数(   )
  • 排便時の様子
  • 被毛:毛づや・フケ・カサブタ・脱毛
  • :目やに・涙目・充血・濁り・腫れ・突出
  • :ひび割れ・鼻水・出血・腫れ・くしゃみ
  • :悪臭・耳垢・腫れ・耳をかく・頭を振る
  • :口臭・よだれ・出血・腫れ・口が閉じない
  • :ぐらつき・折れ・欠け・変色・歯ぐきの腫れ・出血
  • 肛門:悪臭・腫れ・かゆみ
  • :悪臭・腫れ・かゆみ・分泌物
  • 食欲(食事量):食欲低下・亢進・量(  g)
  • 食事の様子:こぼす・顔を傾ける・痛がる
  • 鳴き声
  • 歩き方:足を引きずり・片足のもち上げ・脱力・ふらつき
  • 立ち上がり方:(俊敏でない・ぎこちない)・その他
  • 座り方:(きちんと座れない・後ろ足を伸ばす)
  • 安静時の様子:特定の部分をなめる・噛む・落ち着きがない
  • 目立った症状:嘔吐・その他
  • 特記事項

もし気になる部分があったら、本サイトの「犬の健康」のカテゴリーをご参照ください。

早めの受診をおすすめいたします。

いかがでしたか?

毎日接している飼い主さんなら、愛犬の変化にいち早く気付くことができるはず。

普段の正常な数値や活気のある状態を覚えておいて、比較できるのがベストですね。

本稿が、愛犬の健康管理のお役に立てれば幸いです。


Sponsored Links