絶滅危惧種一覧【日本の動物編】。哺乳類や鳥類で最も危険なのは?

絶滅危惧種一覧【日本の動物編】。哺乳類や鳥類で最も危険なのは?

「絶滅危惧種」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。

自然環境や生態系の変化、乱獲などの影響で、絶滅の危機に瀕している種を指しますね。

日本の「環境省レッドリスト」でも、その危険性が高いのが「絶滅危惧IA類(CR;Critically Endangered)」です。

今回は、このカテゴリーに含まれる動物たちの中から、哺乳類と鳥類に絞って見ていくことにしましょう。


Sponsored Links

絶滅危惧種一覧(日本の動物編)

絶滅危惧種一覧

土地開発や森林伐採による生息地の減少や餌の不足、毛皮、羽毛を目的とした乱獲などにより、すでに絶滅した動物もいます。

「ニホンカワウソ」や「トキ」などがそうですね。

以下に紹介する動物たちも、同様の理由で絶滅の危機に瀕しており、保護活動が盛んに行われています。

まとめてみましょう。

【絶滅危惧IA類の動物たち(減少理由)】

  • イリオモテヤマネコ:土地開発による生息地の減少・交通事故・他の猫からの感染症
  • ツシマヤマネコ:農地の減少による餌の小動物の減少・交通事故・他の猫からの感染症
  • オキナワトゲネズミ:外来種のネコやマングースなど天敵の出現
  • ジュゴン:漁業の網に引っかかる混獲・藻場の減少
  • シマフクロウ:都市開発やダム開発による営巣木の減少や餌の魚の減少・交通事故・電線による感電
  • ヤンバルクイナ:外来種のマングースやノネコなど天敵の出現・交通事故
  • コウノトリ:水田の減少・河川の水質悪化
  • ノグチゲラ:森林伐採による生息地の減少・マングース(天敵)の存在・ハシブトガラスによる雛の捕食

哺乳類の仲間たち

哺乳類の仲間たち

それでは哺乳類(4種)からみていきましょう。

学名や英名に生息地の名前が入っているところをみると、その固有性が伺われますね。

イリオモテヤマネコは20万年前に渡来した奇跡のネコ

イリオモテヤマネコ

【プロフィール】

  • 学名:Prionailurus bengalensis iriomotensis
  • 英名:Iriomote wild cat
  • 生息地:沖縄県西表島(湿地帯、マングローブなど生息域は狭小)
  • 体格:体長50-60cm 体重3-5kg
  • 特徴:ベンガルヤマネコの亜種とも。肉食。夜行性(夕暮れと明け方が活発)。

ツシマヤマネコはめったに姿をあらわさない幻のネコ

ツシマヤマネコ

【プロフィール】

  • 学名:Prionailurus bengalensis euptilurus
  • 英名:Tsushima wild cat
  • 生息地:長崎県対馬(照葉樹林の間、山の斜面など)
  • 体格:体長 70-80cm 体重 3-7kg
  • 特徴:ベンガルヤマネコの亜種。肉食。大変に用心深い。

オキナワトゲネズミのトゲは武器ではない?

オキナワトゲネズミ

【プロフィール】

  • 学名:Tokudaia muenninki
  • 英名:Okinawa Spiny rat
  • 生息地:沖縄本島北部(やんばるの森)
  • 体格:体長 11-11.7cm 体重 140g
  • 特徴:背中のトゲが特徴的であるが、ハリネズミのように武器の役割は果たさない。

ジュゴンは海の貴婦人

ジュゴン

【プロフィール】

  • 学名:Dugong dugong
  • 英名:dugong
  • 生息地:沖縄諸島(北限)、インド洋、西太平洋など
  • 体格:体長 300cm 体重 450kg
  • 特徴:草食。アマモなどの海藻が主食。藻場の確保が生命線となる。

Sponsored Links

鳥類の仲間たち

鳥類の仲間たち

続いて鳥類(4種)を見ていきます。

生息地が1ヶ所に限られている種もあり、絶滅が心配されますね。

ヤンバルクイナは飛べない鳥

ヤンバルクイナ

【プロフィール】

  • 学名:Gallirallus okinawae
  • 英名:Okinawa rail
  • 生息地:沖縄本島北部(やんばるの森)
  • 体格:体長 30-35cm 体重420-435g
  • 特徴:肉食。まったく飛ぶことができない。生態は現在もはっきりとわからない。

コウノトリはデリケートで優雅な大型の鳥

コウノトリ

【プロフィール】

  • 学名:Ciconia boyciana
  • 英名:Oriental stork
  • 生息地:東アジア(草原、湿地帯)
  • 体格:体長 110-115cm 体重 4-6kg
  • 特徴:肉食。クラッタリング(くちばしを叩き合わせて音を出す)で意思疎通を図る。兵庫県の県鳥。

ノグチゲラは孤高のキツツキ

ノグチゲラ

【プロフィール】

  • 学名:Sapheopipo noguchii
  • 英名:Okinawa woodpecker
  • 生息地:沖縄本島北部(やんばるの森)
  • 体格:体長 30cm 体重 130g
  • 特徴:肉食性の強い雑食。沖縄県の県鳥。

シマフクロウは同種では最大級

シマフクロウ

【プロフィール】

  • 学名:Ketupa blakistoni blakistoni
  • 英名:blakiston’s fish owl
  • 生息地:北海道、北方領土など(落葉広葉樹林、針広混交林)
  • 体格:体長 66-71cm(羽を広げると175-190cm) 体重 3-4.5kg
  • 特徴:肉食。巣を作るには樹齢300年ほどの大木が必要とも。

いかがでしたか?

今日紹介した動物たちとは、近い将来会えなくなるかもしれません。

本稿が、そんな希少な動物たちを知るきっかけになれば幸いです。


Sponsored Links