熱帯魚【初心者】におすすめの魚図鑑。人気の4種類の特徴と飼い方を解説!

熱帯魚【初心者】におすすめの魚図鑑。人気の4種類の特徴と飼い方を解説!

「熱帯魚」を飼ってみたい。

でも初心者のうちに失敗してしまうと、熱帯魚は難しいものと考えがち。

だから最初は「丈夫」で水質にも神経質にならなくてよい種類が無難です。

また熱帯魚らしく「カラフル」で「存在感」のあるものがベストですね。

今回は、「初心者におすすめの魚図鑑」と題して、人気の4種類の特徴と飼い方についてお話ししましょう。


Sponsored Links

熱帯魚【初心者】におすすめの魚図鑑

熱帯魚【初心者】におすすめの魚図鑑

たまたまペットショップで美しい魚を見かけた。

もともと自然や生き物に興味があった。

インテリアの一部として魅力的を感じた。

「熱帯魚」に惹かれる理由はさまざまでしょう。

アクアリウムを設置して、部屋に自然の一部を再現するのはとても素敵なことですね。

最初に作る水槽が成功すれば、混泳や繁殖など、楽しみはつきませんよ。

今回紹介する4種類の特徴を簡単にまとめてみましょう。

【おすすめの4種類(特徴)】

  • グッピー:小型でカラフル。改良種が豊富に存在する。飼育や繁殖が容易。混泳も可能。
  • エンゼルフィッシュ:中型で存在感抜群。熱帯魚らしいフォルムと配色。ペアで子育てする様子も見られる。
  • ベタ:ラビリンスフィッシュ(水面から呼吸できる)。ヒレが大きく華やかなショーベタも。
  • レッドビーシュリンプ:紅白のカラーが水草に美しく映える。水草水槽に最適。コケ取り役としても活躍。

それぞれ違った特徴と魅力を持っています。

イメージにぴったりの種類はいましたか?

人気の4種類の特徴と飼い方を解説!

人気の4種類の特徴と飼い方を解説

それではもう少し詳しくお話ししましょう。

それぞれの特徴や飼い方のコツを押さえておきましょう。

熱帯魚選びの参考にしてみてくださいね。

グッピーは可愛らしさと飼いやすさで人気No.1

グッピー

グッピーは、全長5cmほどのメダカの仲間。

卵胎生メダカといって、体内で卵を孵化させ、稚魚を産むところに特徴があります。

【グッピーの飼い方】

  • 水槽:30cmなら10尾、45cmなら20尾が目安。
  • 設備:ろ過フィルター、オートヒーター、底砂、ライトが必要。
  • 水草:ウィローモス、ウォータースプライトなど。稚魚の場所にも。
  • 水質:中性~弱アルカリ性。順応性が高く神経質にならなくてよい。
  • 水温:20~27℃
  • エサ:グッピー専用フードか小型熱帯魚用フード。

グッピーには改良種が多く、多彩な模様や配色だけでなく、ヒレの形も多様な品種です。

でも美しいのはオスの方で、メスは地味な姿をしています。

繁殖を求めないのであれば、オスだけを飼うのも一興ですね。

また丈夫で飼いやすく、種類が豊富なのは「国産グッピー」です。

選ぶ際には注意が必要ですよ。

エンゼルフィッシュは熱帯魚の王様

エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュは、中南米やアフリカ原産の「シクリッド」の仲間。

全長12~15cmの中型の魚です。

少し敷居の高いイメージのあるシクリッドの中では「入門魚」と呼べる存在です。

【エンゼルフィッシュの飼い方】

  • 水槽:体高があり、ヒレも長いので45~60cmの水槽が必要。
  • 設備:ろ過フィルター、オートヒーター、底砂、ライトが必要。
  • 水草:ウィローモス、ヘアーグラスなど。稚魚の隠れ場所にも。
  • 水質:弱酸性~中性。繁殖個体では神経質にならなくてよい。
  • 水温:22~27℃
  • エサ:エンゼルフィッシュ専用フードか小・中型シクリッド用フード。

ひし形のフォルムとメタリックな体色がまるで海水魚のよう。

海水魚のフィーリングを楽しみたい方にはピッタリの種類です。

こちらも改良種が多く、さまざまな配色のものが楽しめます。

繁殖も比較的容易で、ペアで子育てをするとても珍しい魚ですよ。


Sponsored Links

ベタは孤高の美しさ

ベタ

ベタは、全長7~8cmアナバスの仲間。

ラビリンス(迷宮器官)と呼ばれる補助呼吸器官を持つのが最大の特徴。

水中の酸素が少なくなると水面から口で空気を取り入れることができます。

このため瓶でも飼える熱帯魚と呼ばれることがありますね。

【ベタの飼い方】

  • 水槽:単独飼いなら20cmでもOK。
  • 設備:ろ過フィルター、オートヒーター、底砂、ライト、水草。
  • 水質:弱酸性~中性
  • 水温:22~27℃
  • エサ:肉食傾向があるため、ベタ専用フードがよい。

コンテスト用に繁殖された「ショーベタ」は、長く美しいヒレの形や色の鮮やかさを競います。

オス同士だと激しく争うため、単独飼いかペア飼いが基本です。

お気に入りの魚をじっくり鑑賞したい方に向いているかもしれませんね。

レッドビーシュリンプは水草水槽の華

レッドビーシュリンプ

レッドビーシュリンプは、全長2~3cmのエビの仲間。

魚ではありませんが、アクアリウムを彩る存在としてラインナップしています。

紅白のカラーがとても美しく、シンプルな「水草水槽」の華として存在感は抜群ですよ。

【レッドビーシュリンプの飼い方】

  • 水槽:20cmなら15~20尾が目安。
  • 設備:ろ過フィルター、オートヒーター、ライト、ファン(夏季)、底砂(ソイル)、流木。
  • 水質:20~27℃
  • 水草:ウィローモス、ウォータースプライトなど。稚エビの隠れ場所にも。
  • 水温:20~25℃
  • エサ:シュリンプ専用フード、コケ、水草、ゆでたホウレンソウ。草食に近い雑食性。

また水槽の「コケ取り役」として活躍する存在でもありますね。

飼育も繁殖も容易で水草水槽に迎えるだけでOK。

水草中心のアクアリウムを作りたい方に向いているかもしれませんね。

いかがでしたか?

本稿が、あなたのアクアリウムライフのお役に立てれば幸いです。


Sponsored Links