【カエルの種類】一覧。小さいサイズでペットに最適なのは?

【カエルの種類】一覧。小さいサイズでペットに最適なのは?

魅力的なカエルと出会った。

爬虫類や両生類は苦手だと思ってたけど、こんなかわいい子がいるんだ。

カエルに興味を持ち始める人は少なくありません。

その種類は4000をはるかに超え、現在も新種が見つかっています。

大きさや特徴もさまざま。

小さいサイズのものでは2cm足らずのものも存在します。

姿が宝石のようにキレイ、また鳴き声が美しくて癒される。

今回は、ペットとして飼えるおススメの15種類をピックアップしてみましょう。


Sponsored Links

カエルの種類一覧:小さいサイズでペットに最適なのは?

カエルの種類一覧

まずはカエルたちの生き物としての特徴と接するときの留意点を押さえてみましょう。

意外と知らない習性が発見できるかもしれませんよ。

【カエルの特徴】

  • 両生類である:皮膚と肺で呼吸する(肺が半分以上)。魚類から進化。
  • 変温動物である:体温が外気温によって変化する。
  • 肉食動物である:生餌を食べる。コオロギやショウジョウバエなどがメイン。アマガエルには人工飼料も。
  • 色が変わる:周囲の色や温度、昼夜など環境によって体色を変化させる。モルフ(色彩変異型)も。
  • 脱皮をする:爬虫類(カメ、トカゲ、ヘビなど)と同じく脱皮をする。
  • 口から水を飲まない:皮膚(お腹)を通して水分を吸収する。
  • 鳴き声が楽しめる:縄張り音、広告音(メスを誘う)、レインコール(雨が近づいたとき)など。
  • 長生きする生き物:環境を整えれば寿命は10年以上とも。
  • 毒がある:ヤドクガエル(矢毒蛙)は矢に塗る毒が由来(流通繁殖個体は無毒)。毒を知らせる警告色としての派手さ。

ここでひとつ留意点があります。

これはカエルの体にはなるべく触らないほうがいいということ。

カエルは変温動物であることから、人間の体温では高すぎてかなりのストレスを与えてしまいます。

また捕食されると勘違いさせることもストレスの原因に。

一方、カエルは皮膚に多かれ少なかれ毒(※種類による)を持っています。

ヤドクガエルのアルカロイド系毒(繁殖個体では無毒ですが)が有名ですね。

触ったときは決して目をこすったりせず、すぐに手洗いをしましょう。

続いて登場するカエルたちをテーマに沿って分類してみますよ。

今回は、最小で1.8cm、最大でも5cmまでの小さめの種類をピックアップしてあります。

またカエルの代表的なチャームポイントである「姿」と「鳴き声」の美しさをテーマに絞ってみました。

【姿が美しい種類】

  • アメリカアマガエル:ニホンアマガエルのアメリカバージョン。スマートなスタイル。
  • フチドリアマガエル:濃いピンクとクリーム(斑紋)のツートンカラー。初心者向き
  • バナナガエル:はっきりした太いホワイトラインが印象的。クサガエルの仲間。
  • アメフクラガエル:胴体が風船のよう。美しいというよりユーモラスで可愛らしい。
  • オイランスキアシヒメガエル:濃いピンクと緑に黒の色どりが美しい。
  • マダラヤドクガエル:多彩な「モルフ(色彩変異型)」が特徴。
  • コバルトヤドクガエル:名前の通りコバルトブルーの体色が秀逸。
  • ベントリヤドクガエル:ヤドクガエルの中では初心者向き
  • バリアビリスヤドクガエル:ヤドクガエルの中で「最も美しい」とも評される。
【鳴き声が美しい種類】

  • シュレーゲルアオガエル:「コロロコロロ」と可愛い声で鳴く。
  • リュウキュウカジカガエル:カジカガエルの小型版。「フィフィフィ」と鳴く。初心者向き
  • キオビヤドクガエル:声も美しく「カナリア」を思わせる。黒と黄色と配色も絶妙。
  • ビッタタスフキヤガエル:「小鳥のさえずり」と評される美声。黒にオレンジラインが美しい。初心者向き
  • ミイロヤドクガエル:美声とシックな配色(小豆色に白のライン)が絶妙。初心者向き。
  • ビコロールフキヤガエル:美声の持ち主である。強い毒がある(流通繁殖個体は無毒)。

それでは詳しく見てみましょう。

体長(大きさ)は、鼻の先からお尻までの長さを表しています。

手足の長さは入れていませんので、動いているときはもう少し大きく見えるかもしれません。

何といっても姿の美しさが魅力の9種

何といっても姿の美しさが魅力の9種

ショップで出会って、虜になる方も多いのではないでしょうか?

小さくて美しい姿は、これまでのカエルのイメージを一新させますね。

アメリカアマガエルはもっとも身近な人気者

アメリカアマガエル

  • 分布:アメリカ
  • 体長:5cm
  • 特徴:スマートなスタイルで側面に白いラインが入る。黄緑からグレーなどに体色変化が可能。
  • 生活:水場付近の樹上に棲む(ツリーフロッグ)。
  • 飼育:エサ食いがよい。初心者向き。

フチドリアマガエルは派手なクラウンフェイズが定番

フチドリアマガエル

  • 分布:南米(アマゾン川流域)
  • 体長:4cm
  • 特徴:ピンクとクリーム(斑紋)の「クラウンフェイズ」が定番。斑紋の明暗が変化。体色パターンが多い。
  • 生活:樹上に棲む(ツリーフロッグ)。
  • 飼育初心者向き。

バナナガエルはバナナの葉で見つかることが名前の由来

バナナガエル

  • 分布:ケニアから南アフリカ。クサガエルの仲間。
  • 体長:4cm
  • 特徴:黄土色に太くはっきりしたホワイトラインが印象的。体色は少しくすむ程度の変化。
  • 生活:樹上に棲む(ツリーフロッグ)。サバンナの池や沼の周辺。
  • 飼育:水槽内に広めの池を設置するとよい。

アメフクラガエルの容姿はユーモア満点

アメフクラガエル

  • 分布:アフリカ大陸。
  • 体長:5cm
  • 特徴:手足が短く胴体は風船のように丸い体型。ユーモラスなブサカワ。
  • 別名:バルーンフロッグ。
  • 生活:地中に棲む。草原や森。土中50cm程度は潜れる。雨が降ると地表に上がる。
  • 飼育:水槽に黒土を深めに敷くとよい。自然下では白アリが好物だが、飼育下ではコオロギでよい。

オイランスキアシヒメガエルは「花魁」から名づけられた

オイランスキアシヒメガエル

  • 分布:マダガスカル
  • 体長:4cm
  • 特徴:白い手足。背中はピンクと緑に黒のラインが美しい。花魁(おいらん)を思わせる華やかさが由来。
  • 生活:地中に棲む。
  • 飼育:床材に潜っていることが多い。夜になるとエサを求めて地表に上がる。

マダラヤドクガエルは多彩なモルフが特徴

マダラヤドクガエル

  • 分布:中米
  • 体長:4cm
  • 特徴:多彩なモルフ(色彩変異型)が特徴。コスタリカ、ブルー、パナマが有名。黒に金のラインも。
  • 別名:アウラタス
  • 生活:林床に棲む。
  • 飼育:ややおとなしい性格。協調性が高く争わない。

コバルトヤドクガエルは人気ナンバーワン?

コバルトヤドクガエル

  • 分布:スリナム
  • 体長:4cm
  • 特徴:名前の通りコバルトブルーのグラデーションが秀逸。斑紋の大きさや色の濃淡に個体差あり。
  • 生活:林床に棲む。
  • 飼育:繁殖期のメスは縄張り意識が強いので複数飼いに注意。

ベントリヤドクガエルは樹上棲ヤドクガエルの入門種

ベントリヤドクガエル

  • 分布:ペルー
  • 体長:1.8cm
  • 特徴:背中は黒にオレンジのライン。手足とお腹は薄いブルーの網目。
  • 別名:アマゾンヤドクガエル。ブチハラヤドクガエル。
  • 生活:樹上に棲む。
  • 飼育:社交的な性格。初心者向き(入門種)。

バリアビリスヤドクガエルは最も美しい?

バリアビリスヤドクガエル

  • 分布:ペルー
  • 体長:1.8cm
  • 特徴:背中は黒に蛍光グリーンの網目。手足とお腹は蛍光ブルーの網目。
  • 別名:アミメヤドクガエル。
  • 生活:樹上に棲む。
  • 飼育:見る角度によっても色合いが変わるので、ビバリウムには緑を多めにすると映える。

Sponsored Links

癒される美声が魅力の6種

癒される美声が魅力の6種

ここでは鳴き声の美しさ、可愛らしさが自慢のカエルたちを紹介しましょう。

美声だけではなく、姿も美しいカエルもいますよ。

どちらの方に魅力を感じるでしょうか?

シュレーゲルアオガエルは「コロロコロロ」と可愛い声で鳴く

シュレーゲルアオガエル

  • 分布:日本
  • 体長:5cm
  • 特徴(外見):緑色の体色で、目の虹彩が黄色なのが特徴。
  • 特徴(鳴き声):「コロロコロロ」と可愛い声で鳴く。
  • 生活:樹上~水辺に棲む。田んぼ周辺の草むらや湿原など。
  • 飼育:土によく潜るので声だけが聞こえることも。

リュウキュウカジカガエルはカジカガエルの小型版

リュウキュウカジカガエル

  • 分布:琉球列島。台湾。沖縄本島で最も多い種類。
  • 体長:3cm
  • 特徴(外見):カジカガエルの小型版。体色は薄い褐色。
  • 特徴(鳴き声):「フィフィフィ」と美しい声で鳴く。
  • 生活:樹上~地表に棲む。森の中や草むら、田んぼ周辺。
  • 飼育:跳躍力が強いので脱走のおそれがある。初心者向き。

キオビヤドクガエルは陽気なラテン系

  • 分布:ベネズエラ、ガイアナ、ブラジル、コロンビアなど。
  • 体長:4cm
  • 特徴(外見):くっきりとした黒と黄色と配色が絶妙で姿も美しい。
  • 特徴(鳴き声):「カナリア」を思わせる美声の持ち主。
  • 別名:レウコメラス
  • 生活:林床に棲む。
  • 飼育:陽気で社交的な性格。協調性が高くオス同士でも争わない。

ビッタタスフキヤガエルは繁殖も比較的容易

ビッタタスフキヤガエル

  • 分布:コスタリカ
  • 体長:3cm
  • 特徴(外見):黒に背中のオレンジラインと側面の白ラインが美しい。指の吸盤は発達していない。
  • 特徴(鳴き声):「小鳥のさえずり」と評される美声の持ち主。
  • 別名:キスジフキヤガエル。ホソユビヤドクガエル。
  • 生活:林床に棲む。
  • 飼育:大きなエサでも食べることができる。初心者向き。

ミイロヤドクガエルは美声とシックな配色が絶妙

  • 分布:エクアドル
  • 体長:2.5cm
  • 特徴(外見):小豆色に白のラインが特徴。数タイプあるため模様や色に違いがある。
  • 特徴(鳴き声):美声の持ち主。
  • 生活:林床に棲む。
  • 飼育初心者向き。

ビコロールフキヤガエルは毒性が強い?

  • 分布:コロンビア
  • 体長:4.5cm
  • 特徴(外見):テリビリスフキヤガエルに似るが一回り小柄で後ろ足が黒いのが特徴。
  • 特徴(鳴き声):美声の持ち主。
  • 別名:ヒイロフキヤガエル。アシグロフキヤガエル。
  • 生活:林床に棲む。
  • 飼育:物怖じしない性格。毒性が強い(ヤドクガエルでは3番目とも)が流通繁殖個体は無毒。

いかがでしたか?

この稿が、あなたのカエル選びの参考になりましたら幸いです。


Sponsored Links