トカゲ【ペット向き】の種類をラインナップ。人気のヤモリTOP10を紹介!

トカゲ【ペット向き】の種類をラインナップ。人気のヤモリTOP10を紹介!

「エキゾチックアニマル」をペットとして飼う人が増えています。

以前は一部のマニア向けだった「爬虫類」もその選択肢のひとつ。

神秘的な風貌、そして独特の美しさと可愛らしさをもつ「トカゲ」に魅かれる人は意外に多いんです。

今回は、トカゲの仲間のなかでも、特にペット向きとされる「ヤモリ」の種類をラインナップ。

人気のTOP10を紹介していきましょう!


Sponsored Links

トカゲでペット向きの種類は?

トカゲでペット向きの種類は

そもそも「トカゲ」「ヤモリ」「イモリ」の3種類はどう違うのでしょう?

確かに姿はどれも似ています。

まずは大雑把に分類してみましょう。

分類上は、トカゲの大きなグループに「ヤモリ」も入ると考えればよいでしょう。

でも見かけ上、大きな違いがありますよ。

トカゲとヤモリの大きな違いは「まぶた」の有無なんです。

一般的なトカゲには、まぶたがあって目を閉じる(まばたきする)ことができます。

一方、まぶたがなくて、代わりに透明なレンズで覆われているのが「ヤモリ」なんです。

目にゴミが入れば、自分の長い舌を使って舐めることもできますよ。

そのほか「指先」の形にも特徴があります。

ヤモリは、ガラス面や壁、葉っぱなど、あらゆるところに張り付くことができますね。

このとき使っているのが指先にある「趾下薄板(しかはくばん」と呼ばれる鱗。

グローブをはめたような大きな手先が見分けるコツなんです。

では「イモリ」は?

ヤモリ(守宮・家守・屋守)は、陸上に棲む「爬虫類」。

イモリ(井守)は、水に棲む「両生類」なんですよ。

漢字ではそれぞれ「家を守る」「井戸を守る」と書くところからも分かりますね。

それでは、今回登場するヤモリの種類を見てみましょう。

【人気のヤモリTOP10】

  1. ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー):乾燥系・地表性
  2. オウカンミカドヤモリ(クレステッドゲッコー):多湿系・樹上性
  3. ニシアフリカトカゲモドキ:乾燥系・地表性
  4. ソメワケササクレヤモリ:多湿系・地表性
  5. トッケイヤモリ:多湿系・樹上性
  6. ヘルメットヤモリ(ウリボーゲッコー):乾燥系・地表性
  7. ハイナントカゲモドキ:多湿系・地表性
  8. ムーアカベヤモリ(クロコダイルゲッコー):乾燥系・樹上性
  9. トゲヘラオヤモリ:多湿系・樹上性
  10. ヤシヤモリ(ホワイトラインゲッコー):多湿系・樹上性

ヤモリの生活環境は、乾燥系・地表性、乾燥系・樹上性、多湿系・地表性、多湿系・樹上性の4つに分類されます。

「乾燥か多湿」と「地表か樹上」の2×2の組み合わせで考えるとよいでしょう。

これら生活環境に応じた「飼育方法」については、また稿をあらためてお話ししますね。

人気のヤモリTOP10をラインナップ!

人気のヤモリ

ペット向き「ヤモリ」の代表種は?

人気を二分するのが「レオパードゲッコー(通称レオパ)」と「クレステッドゲッコー(通称クレス)」ですね。

「レオパ」は、和名で「ヒョウモントカゲモドキ」。

ヤモリの種類ですが、トカゲの特徴を備えることから「トカゲモドキ」と呼ばれますよ。

とても飼いやすく、繁殖もとても容易。

組み合わせによって改良種が作れることから、目の色や形、体色にはさまざまなバリエーションがあります。

一方の「クレス」は、和名で「ミカドヤモリ」。

この仲間でもっとも一般的なのが「オウカンミカドヤモリ」ですね。

自然下では現在でも珍しく、野生の生態は意外と知られていません。

でも人工飼料を食べてくれることから、コオロギなどの生餌が苦手な方でも飼いやすい種類です。

ミカドヤモリの仲間は「ラコダクティルス」の属名でも呼ばれていますよ。

オウカンミカドヤモリにも、さまざまなカラーバリエーションが存在しています。

では、これら代表的な「2種」から見ていきましょう。

第1位 ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)

ヒョウモントカゲモドキ

  • 分布:パキスタン・アフガニスタン・インド・イラン
  • 生活環境:乾燥系・地表性
  • 全長:25cm
  • 特徴:「豹紋」と呼ばれるスポット上の斑紋がある。ノーマルはベージュやクリーム色の体色

第2位 オウカンミカドヤモリ(クレステッドゲッコー)

オウカンミカドヤモリ

  • 分布:ニューカレドニア本島・パイン島など
  • 生活環境:多湿系・樹上性
  • 全長:20cm
  • 特徴:乾燥しすぎたり、ストレス過多になると尾を自切する。再生しないので注意。

魅力的な品種はまだまだいますよ。

続けて見ていきましょう。

第3位 ニシアフリカトカゲモドキ

ニシアフリカトカゲモドキ

  • 分布:アフリカ
  • 生活環境:乾燥系・地表性
  • 全長:20cm
  • 特徴:別名ファットテールと呼ばれるほどの立派な尾が特徴。

第4位 ソメワケササクレヤモリ

ソメワケササクレヤモリ

  • 分布:マダガスカル
  • 生活環境:多湿系・地表性
  • 全長:15cm
  • 特徴:ヤモリブームの火付け役。ハンドリングが容易なことから人気者に。

第5位 トッケイヤモリ

トッケイヤモリ

  • 分布
  • 生活環境:多湿系・樹上性
  • 全長:cm
  • 特徴:ブルーの地にオレンジのスポットが印象的。大きな声で鳴くことでも有名。

Sponsored Links

第6位 ヘルメットヤモリ(ウリボーゲッコー)

ヘルメットヤモリ

  • 分布:アフリカ
  • 生活環境:乾燥系・地表性
  • 全長:6cm
  • 特徴:頭でっかちでアンバランスなところが可愛らしい。少々神経質なところも。

第7位 ハイナントカゲモドキ

ハイナントカゲモドキ

  • 分布:中国
  • 生活環境:多湿系・地表性
  • 全長:15cm
  • 特徴:日本のキョクトウトカゲモドキの一種。

第8位 ムーアカベヤモリ(クロコダイルゲッコー)

ムーアカベヤモリ

  • 分布:北アフリカ
  • 生活環境:乾燥系・樹上性
  • 全長:13cm
  • 特徴:クロコダイルを思わせる肌のゴツゴツ感が特徴。

第9位 トゲヘラオヤモリ

トゲヘラオヤモリ

  • 分布:マダガスカル
  • 生活環境:多湿系・樹上性
  • 全長:17cm
  • 特徴:木の葉のような体型に樹皮のような肌は完全な擬態。

第10位 ヤシヤモリ(ホワイトラインゲッコー)

ヤシヤモリ

  • 分布:インドネシア
  • 生活環境:多湿系・樹上性
  • 全長:25cm
  • 特徴:Y字のホワイトラインが美しいが個体差がある。

いかがでしたか?

ヤモリは、世界中のいたるところに分布します。

まさに「エキゾチックアニマル(異国の動物)」ですね。

種類も1,000種以上が知られ、現在も新種が発見されるほど。

また意外に生態が知られていない生き物なんです。

神秘的なところがまた大きな魅力ですね。

本稿が、あなたのペットライフのお役に立てれば幸いです。


Sponsored Links