グラミー【熱帯魚】の種類を紹介。ドワーフから大型までおススメなのは?

グラミー【熱帯魚】の種類を紹介。ドワーフから大型までおススメなのは?

グラミー(グーラミィ)は迷宮器官と呼ばれる補助呼吸器官を持った熱帯魚。

水中酸素が少ない環境にも適応するため、直接口から酸素を取り入れることができるんです。

飼育が容易な種類が多く、初心者にもおすすめの魚です。

今回は、ドワーフ(小型)から大型まで、さまざまなグラミーを紹介しましょう。


Sponsored Links

グラミー【熱帯魚】の種類を紹介

グラミー【熱帯魚】の種類を紹介

グラミーは「アナバス」に分類される魚です。

この種の最大の特徴は、迷宮器官(ラビリンス)を持つこと。

このため「ラビリンス・フィッシュ」とも呼ばれていますね。

「ドワーフ」や「リコリス」など小型のグラミーはおおむね4~5cm程度。

種類も多くコレクション性にも優れていますね。

【小型のグラミー(ドワーフ種ほか)】

  • ドワーフ・グラミー:5cm
  • ハニー・ドワーフグラミー:4cm
  • コバルト・ドワーフグラミー:5cm
  • ネオン・ドワーフグラミー:5cm
  • サンセット・ドワーフグラミー:5cm
  • ピグミー・グラミー:3cm
  • チョコレート・グラミー:5cm
【小型のグラミー(リコリス種)】

  • パロスフロメヌス・ディスネリー:4cm
  • パロスフロメヌス・アラニー:4cm
  • パロスフロメヌス・リンケイ:4cm
  • パロスフロメヌス・ナギー:4cm
  • パロスフロメヌス・パルディコラ:4.5cm
  • パロスフロメヌス・クインデシム:5cm

一方、大型のグラミーでは、20cmに達するものまであります。

存在感も十分な魚たちですよ。

【中・大型のグラミー】

  • レッド・グラミー:6cm
  • クローキング・グラミー:6cm
  • スファエリクティス・バイランティ:6cm
  • スリースポット・グラミー(ブルー・グラミー):10cm
  • ゴールデン・グラミー:10cm
  • パール・グラミー:12cm
  • シルバー・グラミー(ムーンライト・グラミー):14cm
  • キッシング・グラミー:20cm

同じラビリンス・フィッシュの種類には「ベタ」がいます。

こちらも飼いやすく、大きく派手なヒレ(ショーベタ)が印象的な人気の品種です。

見比べてみても面白いかもしれませんね。

ドワーフ種(小型)は飼いやすい?

ドワーフ(小型)は飼いやすい?

ドワーフ・グラミーの仲間は、アナバスの入門魚。

初心者向けの種類と言えますね。

美しく、種類も豊富、しかも安価。

すべてを兼ね備えた魚なんです。

ドワーフ・グラミー

ドワーフ・グラミー

  • 生息地:インド・バングラデシュ
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性~中性
  • 特徴:初心者向き。最もポピュラー。温和な性質。

ハニー・ドワーフグラミー

ハニー・ドワーフグラミー

  • 生息地:インド(アッサム地方)
  • 全長:4cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性~中性
  • 特徴:初心者向き。ドワーフ・グラミーとは別品種。水槽の油膜やコケなども掃除する。

コバルト・ドワーフグラミー

コバルト・ドワーフグラミー

  • 生息地:改良種
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。コバルトブルーの発色が強い。奇形に注意。

ネオン・ドワーフグラミー

ネオン・ドワーフグラミー

  • 生息地:改良種
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性~中性
  • 特徴:初心者向き。ブルーの面積が拡大された。ヒレのネオンブルーが印象的。

サンセット・ドワーフグラミー

サンセット・ドワーフグラミー

  • 生息地:改良種
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。ブルーの部分が除かれた。文字通り夕日のような鮮やかなオレンジ色。

ピグミー・グラミー

ピグミー・グラミー

  • 生息地:タイ・マレーシア・カンボジア
  • 全長:4cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。ストライプが美しい。鳴き声を出す。温和な性質。

チョコレート・グラミー

チョコレート・グラミー

  • 生息地:マレー半島・スマトラ島
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性
  • 特徴:マニア向きで難しい。購入時の状態には特に注意。

Sponsored Links

リコリス種の飼育は難しめ?

リコリスの飼育は難しめ?

リコリス・グラミーの種類は、弱酸性の水質を好みます。

水質が発色に影響するため、管理が少々難しいと言えるでしょう。

パロスフロメヌス・ディスネリー

パロスフロメヌス・ディスネリー

  • 生息地:スマトラ島・マレー半島・バンカ島
  • 全長:4cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性
  • 特徴:単にリコリス・グラミーと呼ばれる種。飼育は難しめ。単独種飼育の方が発色がよい。

パロスフロメヌス・アラニー

パロスフロメヌス・アラニー

  • 生息地:ボルネオ島
  • 全長:4cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性
  • 特徴:飼育は難しめ。ピートモスで水質管理を。団扇のような尾ヒレが特徴。
パロスフロメヌス・リンケイ

パロスフロメヌス・リンケイ

  • 生息地:ボルネオ島中央部
  • 全長:4cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性
  • 特徴:飼育は難しめ。中央部の斑点とヒレのブルースポット、ピンテールが特徴。
パロスフロメヌス・ナギー

パロスフロメヌス・ナギー

  • 生息地:マレー半島
  • 全長:4cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性
  • 特徴:飼育は難しめ。バブルネストビルダー。
パロスフロメヌス・パルディコラ

パロスフロメヌス・パルディコラ

  • 生息地:マレー半島
  • 全長:4.5cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性
  • 特徴:飼育は難しめ。背ビレの幅が広く、縁が青白いのが特徴。
パロスフロメヌス・クインデシム

パロスフロメヌス・クインデシム

  • 生息地:ボルネオ島
  • 全長:5cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性
  • 特徴:飼育は難しめ。各ヒレがカラフルで体も大きめ。
中・大型グラミーでおすすめは?

中・大型グラミーでおすすめは?

今回は、6cm以上の種を中型として分類しました。

大型のものは20cmに及ぶものもいて、存在感は抜群。

それでいて飼育はドワーフ同様に容易なところが魅力ですね。

レッド・グラミー

レッド・グラミー

  • 生息地:改良種
  • 全長:6cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。文字通りの真っ赤な体色が特徴。

クローキング・グラミー

クローキング・グラミー

  • 生息地:タイ・マレーシア・インドネシア
  • 全長:6cm
  • 水温・水質:25~29℃・弱酸性~中性
  • 特徴:初心者向け。鳴き声を出す(テリトリー争い)。泡巣を作るバブルネストビルダー。

スファエリクティス・バイランティ

スファエリクティス・バイランティ

  • 生息地:ボルネオ島
  • 全長:6cm
  • 水温・水質:25~28℃・弱酸性
  • アドバイス:やや難しい。チョコレート・グラミーの仲間。

スリースポット・グラミー(ブルー・グラミー)

スリースポット・グラミー

  • 生息地:東南アジア
  • 全長:10cm
  • 水温・水質:25~29℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。オスが泡巣を作るバブルネストビルダー。

ゴールデン・グラミー

ゴールデン・グラミー

  • 生息地:改良種
  • 全長:10cm
  • 水温・水質:25~29℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。スリースポット・グラミーの改良種。鮮やかなイエローが印象的。

パール・グラミー

パール・グラミー

  • 生息地:マレー半島・スマトラ島・ボルネオ島
  • 全長:12cm
  • 水温・水質:25~29℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。輝く真珠を思わせるパールスポットが美しい。

シルバー・グラミー(ムーンライト・グラミー)

シルバー・グラミー

  • 生息地:タイ・カンボジア
  • 全長:14cm
  • 水温・水質:25~29℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。幻想的なブルーシルバーの体色が特徴。鱗のはがれに注意。

キッシング・グラミー

キッシング・グラミー

  • 生息地:改良種
  • 全長:20cm
  • 水温・水質:25~29℃・弱酸性~中性
  • 特徴:飼いやすい。キスのようなしぐさ(威嚇行為)をすることから命名された。

いかがでしたか?

お気に入りのグラミーは見つかりましたか?

本稿が、あなたの熱帯魚選びの参考になれば幸いです。


Sponsored Links