多肉植物の育て方。水やりから増やし方まで初心者向けに簡単解説!

多肉植物の育て方。水やりから増やし方まで初心者向けに簡単解説!

多肉植物といえば、セダムにハオルチア、そしてエケベリアなどたくさんの種類がありますね。

独特の存在感と可愛らしさで人気の植物です。

その育て方もいたって簡単。

水やりと日光の加減さえできれば、初心者でも大丈夫です。

また増やし方も決して難しくありませんよ。


Sponsored Links

多肉植物の育て方【初心者向け】

多肉植物の育て方【初心者向け】

多肉植物の原生地は、アフリカや中南米など。

雨が少なく日光が強い場所です。

体に水分を貯めるために進化した分厚い葉が物語っていますね。

だから、水やりのタイミングと日光の加減が何よりも大切。

多肉植物が枯れるときは、ほとんど「水のやりすぎ」「日光不足」が原因です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

ポイントは「水やり」と「日光」

ポイントは「水やり」と「日光」

多肉植物の体は90%以上が水分。

水を貯める「タンク」のようなものなんです。

だから水やりは、メリハリが大切。

土の中がしっかり乾いたタイミングであげましょう。

土の中がしっかり湿る程度が適量です。

また葉の張り具合も重要ポイント。

葉が痩せてきたら水やりのタイミングです。

多肉植物は「日光」が大好き。

紫外線を含んだ太陽の光が必要なんです。

日光不足が原因で枯らしてしまうことがないよう注意が必要です。

【日光不足のサイン】

  • 葉と葉の間隔が開いてきた
  • 葉が先細りしてきた
  • 葉が小さくなってきた
  • 葉が下を向いてきた

これらのサインが見られたら「光量」を増やしてあげましょう。

また状態が悪ければ「剪定」することで、新しい子供が出てくるでしょう。

季節ごとの注意点

季節ごとの注意点

日本のように四季の変化がある国では、季節ごとの調節も必要です。

「春」は、成長する時期です。

株を大きくしてあげます。

日光を十分に当て、上記のタイミングで水やりをするとよいでしょう。

葉が痩せたり色が抜けたりすることがありますが、正常なので心配はいりません。

「夏」は、湿度が苦手な多肉植物にとっては難しい時期です。

水やりを控え、風通しを良くすることで「蒸れ」を防ぎます。

留守にする場合は、「日焼け」に注意しましょう。

「秋」は、紅葉が始まる時期です。

夏に休ませていた分、水やりのペースを戻します。

葉も太り、色も鮮やかになっていきます。

日光にしっかり当ててあげましょう。

「冬」は、紅葉がピークの時期です。

なるべく暖かな場所に置いて、水やりは控えます。

「0℃以下」になると枯れてしまうので、くれぐれも注意しましょう。


Sponsored Links

品種ごとの注意点

品種ごとの注意点

品種ごとの注意点をまとめてみましょう。

「セダム」は、成長が早く、よく増えるタイプです。

定期的に剪定しましょう。

日光不足に弱い一方、寒さには強いので「屋外」向きですよ。

「ハオルチア」は、比較的弱い日光でも大丈夫。

窓辺でも育てられますが、葉の透明感が高いほど日光を好みますので、種類ごとの加減は必要ですね。

葉が茶色になってきたら光が強すぎるサイン。

またロゼットが崩れてきたら日光不足のサインです。

水やりも根が完全に乾かないように通年あげて大丈夫です。

「コチドレン」は、成長は遅めですが丈夫で育てやすい品種。

日光にしっかり当ててあげましょう。

白粉タイプは特に「日光」が大切です。

産毛タイプは「蒸れ」に弱いので、風通しに気を付けましょう。

「カランコエ」は、冬の寒さが苦手です。

冬は暖かくして、水やりも控えます。

日光にもよく当ててあげましょう。

産毛のあるタイプは、夏の蒸れに弱いので注意が必要ですよ。

「アエオニウム」は、下の葉が枯れて、上に成長していくタイプです。

日光が好きなので、しっかりと当ててあげましょう。

「エケベリア」は、とても強く育てやすい品種です。

夏の蒸れに注意して、1年中しっかり日光に当ててあげましょう。

室内よりも屋外に向いています。

虫がつきやすいので、早めに駆除するのがコツですよ。

「クラッスラ」は、夏型(夏に成長して冬に休む)と冬型(冬に成長して夏休む)の2つのタイプがあります。

夏型には、神刀、レモータ、プベッケンス、紅葉祭り、銀揃え、銀杯、サルメントーサ、十字星、ゴーラム、数珠星など。

冬型には、アイボリーパゴダ、キムナッキー、呂千絵などがありますよ。

いずれにしても夏の蒸れに注意して、品種ごとの成長を見守ってあげましょう。

「アガベ」は、とにかく丈夫な品種。

水を与えるときは、しっかりと与えましょう。

日光が好きなので、しっかり当てるときれいなロゼットができあがりますよ。

「ユーフォルビア」は、水を完全に切ると成長を止めてしまいます。

水やりは通年行いましょう。

冬の寒さに弱いので、室内で暖かくしてあげましょう。

夏の蒸れにももちろん注意が必要です。

増やし方は簡単?

増やし方は簡単

増やし方には「葉ざし」と「挿し木」の2種類があります。

やり方はいたって簡単。

「葉ざし」は、1枚の葉から子が出る性質を利用したものです。

葉が容易に離れるタイプのものなら可能ですよ。

葉が取れたら、表の面を上にして、乾いた土の上に置いておきます。

そして根や芽が出てくるまで放置します。

根や芽が出てきたり、葉が痩せてきたら水を与えましょう。

週に1度ぐらいのペースで大丈夫。

あまり乾燥しすぎないのがコツです。

春か秋が適していますよ。

「挿し木」は、剪定した部分を土に挿す方法です。

茎が伸びすぎたりして、切り取った部分を乾いた土に挿します。

挿し枝の切り口が広い場合は、切り口が少し乾燥させるのがコツですよ。

水を与えずにおくと、土中で初根が始まります。

挿し枝が痩せてきたら水を与えましょう。

これも春か秋に試してみましょう。

いかがでしたか?

多肉植物の性質を知り、上手に育てられるようになれば楽しみも増していくことでしょう。

本稿が、あなたのボタニカルライフの参考になれば幸いです。


Sponsored Links