ラブバードとは?人気のコザクラやボタンインコの種類を紹介。

ラブバードとは?人気のコザクラやボタンインコの種類を紹介。

ラブバードは、仲間との絆の深さやペアとの愛情の深さがその名の由来。

同じ種類では、コザクラインコやボタンインコが有名ですね。

その性格に加え、カラフルで優美な色彩、可愛らしいしぐさや表情がとても魅力的。

ペットとして人気なのもうなずけます。

今回は、コザクラ、ボタンのさまざまな種類を紹介しましょう。


Sponsored Links

ラブバードとはどんな鳥?

ラブバードとはどんな鳥

ラブバードの学術的な分類名は、Agapornis(ギリシャ語で愛の鳥)。

まさに「愛の鳥=ラブバード」なんです。

仲間やペア同士の仲睦まじさから名づけられました。

特にペットとして愛されているのは、「コザクラインコ」と「ボタンインコ」ですね。

人がパートナーになれば、毎日大きな愛情を注いでくれますよ。

それではくわしく見ていきましょう。

コザクラインコの魅力は多彩な色変わり

コザクラインコの魅力は多彩な色変わり

【コザクラインコのプロフィール】

  • 英名Peach/rosy-faced Lovebird
  • 原産:アフリカ南西部
  • 体長:15~18cm
  • 体重:50~55g
  • 性格:好きな相手には大きな愛情を注ぐ。好奇心旺盛。気が強く、やや神経質なところも。
  • 特徴:とてもカラフルで色変わり(色変種)も多彩。

コザクラインコは、ノーマルでも、十分にカラフルと言えます。

これにさまざまな因子が組み合わされ、多彩な配色が作り出されています。

【コザクラインコの色変わりの因子】

  • ダーク:羽の色が濃くなる因子。羽色はダークグリーン、コバルト、オリーブ、モーブになる。
  • ホワイトフェイス:頭部を白くするブルー因子。ダッチブルーと合わさると羽色はシーグリーンになる。
  • オレンジフェイス:頭部や胸をオレンジ色にする因子。
  • ダッチブルー(アクア、ターコイズとも):ブルー因子
  • パイド:羽に斑が入る因子。
  • アメリカンイノ:黒の色素を消す因子。赤目になる。羽色は黄色。ルチノーなど。
  • オーストラリアンシナモン:アメリカンイノより黒の色素を残す因子。ぶどう目になる。腰が青になる。
  • アメリカンシナモン:黒い色素を減退させる因子。羽色が茶色系の淡色になる。
  • バイオレット:紫色をつくる因子。
  • オパーリン:後頭部と腰の切り替えを消失させる因子。首から上全体の色が変化する。

これらの「因子」が組み合わされ、さまざまな配色のものが生まれます。

名称は、それぞれの因子の特徴を表しています。

それでは、じっくり眺めてみましょう。

ルチノー

ルチノー

ダッチブルー

ダッチブルー

オレンジフェイス・シナモン

オレンジヘッド・シナモン

オーストラリアン・シナモン

オーストラリアン・シナモン

ダッチブルー・パイド

ダッチブルー・パイド

オパーリン

オパーリン

シーグリーン・パイド

シーグリーン・パイド

クリーム・ルチノー

クリーム・ルチノー

ダークグリーン・バイオレット

ダークグリーン・バイオレット

ホワイトフェイス・バイオレット

ホワイトフェイス・バイオレット

ホワイトフェイス・アメリカンシナモン・バイオレット

ホワイトフェイス・アメリカンシナモン

いかがですか?

続いてボタンインコの種類を見てみましょう。


Sponsored Links

ボタンインコは4種類

ボタンインコは4種類

【ボタンインコのプロフィール】

  • 英名:Masked Lovebird(キエリクロ)、Fischer’s Lovebird(ルリゴシ)
  • 原産:アフリカ南部
  • 体長:14~15cm
  • 体重:40~45g
  • 性格:パートナーにはとても情熱的。独立心が強く、ややクールな面も。
  • 特徴:目の周りの白いアイリングが表情を豊かにしている。

ボタンインコには、キエリクロボタンインコ、ルリゴシボタンインコ、クロボタンインコ、ボタンインコの4鳥種があります。

主に流通しているのは、キエリクロとルリゴシですね。

なんといっても、目の周りの白い「アイリング」が特徴。

またコザクラほどではないものの、ボタンにも色変わりがありますよ。

【ボタンインコの色変わりの因子】

  • ブルー:イエローを消失させる因子。ブルーボタンなど。
  • パステル:羽色を淡くする因子。グリーン系(ヤマブキボタン)、ブルー系(シロボタン)。
  • イノ:ブラックの色素を消失させる因子。イエローの羽色で赤目。ルチノーなど。ブルー因子でアルビノにも。

ブルー(ブルーボタン)

ブルー

コバルト

コバルト

グリーン(ヤマブキボタン)

グリーン(ヤマブキボタン)

パステルブルー(シロボタン)

パステルブルー(シロボタン)

ルチノー

ルチノー

アルビノ

アルビノ

いかがでしたか?

本稿が、あなたのコンパニオンバードを選ぶ参考になれば幸いです。


Sponsored Links