フクロウの種類一覧【小型編】。ペットで飼える人気ベスト10を紹介!

フクロウの種類一覧【小型編】。ペットで飼える人気ベスト10を紹介!

フクロウは、これまで「知恵の象徴」「森の賢者」としてのイメージが作られてきました。

神話や伝説に登場する鳥として神秘的な雰囲気を漂わせます。

また「不苦労」「福篭」の字が当てられ、縁起のよい鳥として受け入れられています。

一方、ユーモラスな表情やしぐさで、癒しのペットとしても人気が急上昇していますよ。

今回は、ペットとして飼えるフクロウの種類を一覧で紹介します。

小型種の人気ランキング「ベスト10」を作成してみました。


Sponsored Links

フクロウの種類一覧:小型編

フクロウの種類一覧

フクロウは、深い森に静かに佇むイメージがありますね。

でもタカやワシと同じ「猛禽類(もうきんるい)」に分類される肉食の鳥なんです。

そして獲物を捕らえるために「聴覚」が発達し、暗闇の中でも狩りが可能。

あの平べったい顔がパラボラアンテナのように機能することで、音を効率よく集めることができるんです。

また目が正面についていて、眼球を動かせないのもフクロウならではの特徴。

そのため首が真後ろまでぐるっと回せるようにできているんですね。

それでは、今回登場するフクロウたちを紹介しましょう。

【小型のフクロウ人気ランキング】

  1. コキンメフクロウ:19~25cm
  2. アナホリフクロウ:23~25cm
  3. キンメフクロウ:21~27cm
  4. アメリカキンメフクロウ:17~19cm
  5. アカスズメフクロウ:15~20cm
  6. アフリカオオコノハズク:19~24cm
  7. スピックスコノハズク:20~24cm
  8. インドコキンメフクロウ:19~21cm
  9. オオスズメフクロウ:23~25cm
  10. インドオオコノハズク:19~23cm

ペットで飼える人気ベスト10を紹介

ペットで飼える人気ベスト10を紹介

それでは見ていきましょう。

第1位 コキンメフクロウ

コキンメフクロウ

【プロフィール】

  • 英名Little owl
  • 生息:ヨーロッパ、アジア、北アフリカ、中東
  • 大きさ:19~25cm
  • 特徴:ギリシャ神話では女神アテナのお供として描かれた。日中も活動する。

第2位 アナホリフクロウ

アナホリフクロウ

【プロフィール】

  • 英名Burrowing owl
  • 生息:北~南アメリカ
  • 大きさ:18~26cm
  • 特徴:長い足が特徴。他の動物が掘った穴に巣を作る。日中も活動する。

第3位 キンメフクロウ

キンメフクロウ

【プロフィール】

  • 英名Tengmalm’s owl
  • 生息:ヨーロッパ、北アメリカ、北アジア
  • 大きさ:21~27cm
  • 特徴:体の割に顔が大きいのが印象的。聴覚に優れる。

第4位 アメリカキンメフクロウ

アメリカキンメフクロウ

【プロフィール】

  • 英名Northern saw-whet owl
  • 生息:北~中央アメリカ
  • 大きさ:17~19cm
  • 特徴:キンメの名の通り黄色い目が印象的。成鳥でも100gほどの体重。

第5位 アカスズメフクロウ

アカスズメフクロウ

【プロフィール】

  • 英名Ferruginous pygmy owl
  • 生息:中央~南アメリカ
  • 大きさ:15~20cm
  • 特徴:1、2を争う小ささ。頭の後ろに目の模様がある。非常に攻撃的で縄張り意識が強い。

Sponsored Links

フクロウとミミズクでどう違う?

フクロウとミミズク

ここでちょっと一休み。

フクロウとミミズクでどう違う?

実を言うと分類上の違いはありません。

頭に耳のように見える「飾り羽(羽角:うかく)」のある種類をミミズクと呼んでいるだけなんです。

今回登場する中では「コノハズク」が、その特徴を備えていますね。

では続けましょう。

第6位 アフリカオオコノハズク

アフリカオオコノハズク

【プロフィール】

  • 英名Northern white faced owl
  • 生息:南アメリカ
  • 大きさ:19~24cm
  • 特徴:くちばしの周りの白いひげ、黒い縁取りの白い顔、オレンジの目が特徴。

第7位 スピックスコノハズク

スピックスコノハズク

【プロフィール】

  • 英名Tropical screech owl
  • 生息:アンデス以東の南アメリカ
  • 大きさ:20~24cm
  • 特徴:英名のscreechは、かん高い声という意味。

第8位 インドコキンメフクロウ

インドコキンメフクロウ

【プロフィール】

  • 英名Spotted little owl
  • 生息:南アジア
  • 大きさ:19~21cm
  • 特徴:英名の通り、胸部分の斑(まだら)模様が特徴。

第9位 オオスズメフクロウ

オオスズメフクロウ

【プロフィール】

  • 英名Asian barred owl
  • 生息:ヒマラヤ、パキスタン、ネパール
  • 大きさ:23~25cm
  • 特徴:明るい黄色の目が印象的。食性は幅広い。昼行性。

第10位 インドオオコノハズク

インドオオコノハズク

【プロフィール】

  • 英名Indian scops owl
  • 生息:インド、パキスタン、スリランカ
  • 大きさ:19~23cm
  • 特徴:目の色は多彩。見つけ出すのが困難であるほど擬態がうまい。

いかがでしたか?

お気に入りの子は見つかりましたか?

あなたのフクロウ選びの参考になれば幸いです。


Sponsored Links