うさぎの種類一覧!飼いやすい性格と特徴で選ぶなら垂れ耳系?

うさぎの種類一覧!飼いやすい性格と特徴で選ぶなら垂れ耳系?

うさぎの種類一覧!

品種選びで一番気になるのは性格?

それとも体の特徴?

うさぎの種類には、耳の垂れたもの、立ったもの、毛の長いもの、短いものがあります。

またそれぞれ性格やサイズも異なり、とてもバリエーション豊富です。

今回は、日本でも人気がある品種の中から「垂れ耳系(ロップイヤー)」に絞って紹介しましょう。


Sponsored Links

うさぎの種類一覧:垂れ耳系(ロップイヤー)

うさぎの種類一覧:垂れ耳系

うさぎの「耳」は大きなチャームポイントの1つ。

なんとも愛らしい大きな垂れ耳(ロップイヤー)の子たちを紹介します。

ロップ系にも、短毛種と長毛種、サイズも小型から大型までいろいろな種類があります。

うさぎ選びの参考にしてみてくださいね。

ホーランドロップ:アニマル・セラピーでも活躍するとても穏やかな性格

ホーランドロップ

【性格】

  • とても温厚でアニマル・セラピーでも活躍するほど。
  • スキンシップを嫌がらない。
  • 喜びを体で表現できる。
  • 自己主張が少なく、しつけがしやすい。

【特徴】

  • 小型種
  • 短毛種
  • ロップ系の中では最も小さい品種。
  • 意外と筋肉質でガッチリ系。
  • クラウン(耳の根元から頭にかけてのフワフワした部分)がある。
  • 毛色のバリエーションが豊富。
  • 体重:1.2~1.8㎏
  • 入手:しやすい
【毛色の種類】

  • セルフ(単色):ブラック、ブルー(青みがかった濃いグレー)
  • シェーデッド(毛先に色がつく):フロステッドパール(霜のような白)、トータス(べっ甲色)、ブルートート(青みがかったトータス)
  • ブロークン(ぶちが入る):セーブルポイント(黒や褐色のぶち)、トータス(べっ甲色のぶち)、オレンジ(淡いオレンジのぶち)、ブラック(黒のぶち)、チンチラ(青みがかったグレーのぶち)
  • アグーチ(1本の毛が3色以上):チェストナット(栗毛色)、リンクス(淡いベージュやオレンジ)、オパール(青みがかった光沢のあるグレー)、スクワレル(リスのような色)
  • ワイドバンド(同じ色に見えるが目の周りやしっぽなどが薄い):オレンジ

アメリカンファジーロップ:通称アメファジ、ファジーな毛質が気持ちいい

アメリカンファジーロップ

【性格】

  • 人を怖がらない。
  • 飼い主によく懐く。
  • 好奇心が旺盛で活発。
  • 多頭飼いすると縄張り意識からスプレーも。
  • 単独で飼うのがおススメ

【特徴】

  • 小型種
  • 短毛種
  • ホーランドロップの長毛種版で大きさもほぼ同じ。
  • ふっくらした柔らかな毛質。
  • 小まめなブラッシングが必要。
  • 毛色のバリエーションが豊富。
  • 体重:1.2~1.8㎏
  • 入手:しやすい
【毛色の種類】

  • セルフ(単色):オレンジ
  • シェーデッド(毛先に色がつく):トータス(べっ甲色)、セーブルポイント(耳、鼻、口元などのポイントが濃い)
  • ブロークン(ぶちが入る):トータス(べっ甲色のぶち)
  • アグーチ(1本の毛が3色以上):チェストナット(栗毛色)
  • ワイドバンド(同じ色に見えるが目の周りやしっぽなどが薄い):オレンジ

Sponsored Links

ヴェルベッティンロップ:ヴェルベットの手触りとユニークなロップが特徴的

ヴェルベッティンロップ

【性格】

  • 頭の回転がはやい。
  • 愛嬌がある。
  • 活発で明るい。

【特徴】

  • 中型種
  • 短毛種
  • 大きく丸みを帯びたセミアーチのボディ。
  • ヴェルベットのような手触りの被毛。
  • 体に沿って長く垂れた耳が印象的。
  • 体重:2.2~3㎏
  • 入手:比較的難しい

【毛色の種類】

  • セルフ
  • アグーチ
  • ブロークン
  • シェーデッド

イングリッシュロップイヤー:ギネス級の幅広く大きな耳が美人の決め手

イングリッシュロップイヤー

【性格】

  • とても穏やか。
  • 頭が良くて、しつけがしやすい。
  • 人にスキンシップを求めてくる。
  • 名前を呼ぶと駆け寄ってくる。

【特徴】

  • 大型種
  • 短毛種
  • 大きく丸みを帯びたセミアーチのボディ。
  • シルクのような手触りの被毛。
  • ギネスブックにも認定の大きな耳が最大の特徴。
  • 耳が床に届くので、傷つけないような配慮が必要。
  • 床材の選定や爪のケアが重要。
  • 体重:4~5㎏
  • 入手:比較的難しい

【毛色の種類】

  • セルフ
  • アグーチ
  • ブロークン
  • シェーデッド

ロップイヤーを飼う場合の注意点とは?

ロップイヤーを飼う場合の注意点とは

特徴的な垂れ耳(ロップイヤー)が魅力的な品種ですが、それだけに耳のケアは重要。

「立ち耳系」のうさぎとは異なる点があります。

ロップイヤーの注意点とケアのコツをまとめてみましょう。

【ロップイヤーの注意点】

  • 耳の中の異変に気付きにくい。
  • 通気性が悪く湿気が溜まりやすい。
  • 耳垢が溜まりやすい。
  • 前足が届かずにグルーミングできない子が多い。
  • 耳の中の体温が高く虫が入り込みやすい。
  • 耳の病気は斜頸の原因にも。
【ロップイヤーのケアのコツ】

  • お手入れは外耳までにする。
  • 強くこすらない。
  • 耳の中の掃除はしない。
  • 耳の中の掃除が必要な場合は獣医に相談する。
  • 他の小動物用のケア用品(特に耳の中に薬剤を垂らすもの)は使わない。
  • 人間用の耳かきや綿棒は使わない。
  • 人間の赤ちゃん用のベビーオイルを使う。
  • 脱脂綿かガーゼでやさしく撫でる。
  • 指でゆっくり撫でるだけでもよい。

いかがでしたか?

とても魅力的なロップイヤー。

穏やかで人懐っこい子が多かったですね。

本稿が、あなたのうさぎ選びの参考になりましたら幸いです。


Sponsored Links