ネズミでペットに最適な種類。おすすめのデグーなど人気の理由とは?

ネズミでペットに最適な種類。おすすめのデグーなど人気の理由とは?

ネズミは、かしこくてあらゆる環境にも適応可能。

人間にもよく馴れ、飼育も容易であることからペットとして可愛がる方は多いですね。

ハムスターやジャービル、そして最近人気急上昇のデグーなどさまざまな種類がいます。

今回は、ペットとしておすすめの種類について紹介し、その特徴や人気の理由についてもお話ししましょう。


Sponsored Links

ペットにおすすめのネズミの種類は?

ペットにおすすめのネズミの種類は

ネズミは、生物学上「齧歯目(げっしもく)」に分類されますね。

齧歯目の特徴は、上下一対の「門歯」ですね。

ものを齧る(かじる)のに適した形状で終生伸び続けるんです。

分類上の名称にも使われていますね。

ハムスターやデグーなど人気の理由とは

繁殖力が旺盛で、適応力に優れ、人間にもよく馴れる生き物。

しぐさもとてもが可愛らしく、ペットとして根強い人気がありますね。

ではそんなネズミたちの人気の秘密をのぞいてみましょう。

ゴールデンハムスターは頬袋が特徴的

  • 原産地:東ヨーロッパ、中近東
  • 大きさ:頭胴長12~15cm 尾長3~5cm 体重100~150g
  • 特徴:エサをためる頬袋がある。静かでよく馴れ、飼育も容易。夜行性。雑食性。
  • ポイント:脂肪分の多いエサで太りやすい。単独飼いが基本。

短毛種

短毛種

静かで世話も簡単。

毛質や毛色が豊富。

毛質は、つややかなサテン毛や柔らかなベルベット毛など。

毛色は、茶、白、黒、2色など。

長毛種

長毛種

別名エキゾチックハムスター。

長毛種の方が性格は温和。

毛質や毛色の組み合わせはバリエーション豊富。

ドワーフハムスターは小さくて気が強い

ドワーフハムスター

  • 原産地:ロシア、モンゴル。
  • 大きさ:頭胴長6~11cm 尾長1~1.5cm 体重15~40g
  • 特徴:ハムスターの小型種(ドワーフ)。毛色が多い。
  • ポイント:小さくて動きが素早い。気が強いので鑑賞向き。

ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンハムスター

ドワーフ種の中では馴れやすい。

比較的温和で人に咬みつくことは少ない。

キャンベルハムスター

キャンベルハムスター

別名モンゴルハムスター、シベリアハムスター。

ドワーフ種の中で最も気性が荒く咬みつくこともある。

ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスター

ペットのハムスターでは最小。

ドワーフハムスターの代名詞。

素早く、神経質なので、馴らすよりも鑑賞向きと言われる。

チャイニーズハムスターはつがいで飼うこともできる

チャイニーズハムスターはつがいで

  • 原産地:ヨーロッパ東南部、北西アメリカ。
  • 大きさ:頭胴長6~11cm 尾長1~2cm
  • 特徴:野生ではつがいで生息している。
  • ポイント:小さくすばしこいので扱いに注意。ペアで飼うことも可能。

デグーは好奇心旺盛でもっとも人になつく

デグーは好奇心旺盛でもっとも人になつく

デグーはチリやペルーの高山に生息するネズミの仲間で、つがいと子どもが集まって、地下に複雑なトンネルを掘って生活しています。

とてもコミュニケーション能力が高く、何種類もの鳴き声を使い分けることから「アンデスの歌うネズミ」と呼ばれるほどなんです。

  • 原産地:チリ・ペルー
  • 大きさ:頭胴長12~20cm 尾長10~16cm 体重170~350g
  • 特徴:人にとてもよく懐く。社会性が高く頭がよい。草食性。砂浴びをする。
  • ポイント:学習能力が高いので嫌われると懐かなくなる。

Sponsored Links

まだまだたくさんいるネズミたち

まだまだたくさんいるネズミたち

ネズミはとても種類が豊富。

ラットやマウス、モルモットは実験動物として繁殖し、一般的になりましたね。

ジャービルやシマクサマウス(ゼブラマウス)など種類によっては希少なものもいますよ。

マウスはハツカネズミの改良種

マウスはハツカネズミの改良種

  • 原産地:原種のハツカネズズミは地中海中部から中国。
  • 大きさ:頭胴長7cm 尾長8cm
  • 特徴:アルビノ種の方が多い。かしこく人懐こい。
  • ポイント:臭いを防ぐため掃除はまめに行う。

ラットはアルビノ種の方が一般的

ラットはアルビノ種の方が一般的

  • 原産地:原種のドブネズミはカスピ海沿岸。
  • 大きさ:頭胴長25cm 尾長20cm 体重200~300g(マウスより大型)
  • 特徴:かしこく人懐こい。アルビノ種の方が一般的。2色のものはパンダラットとも。
  • ポイント:咬む力が強いので丈夫なケージが必要。

モルモットの跳躍はポップコーンジャンプ

モルモットの跳躍はポップコーンジャンプ

  • 原産地:南米(ペルー、アルゼンチン、コロンビア、チリ、ボリビア)
  • 大きさ:頭胴長20~30cm 体重0.5~1.5kg
  • 特徴:20~40cmの高さに跳び上がる(ポップコーンジャンプとも)。草食性。
  • ポイント:温和でよく馴れる。神経質で環境の変化に敏感。睡眠時間の確保が必要。体内でビタミンCを合成できない。

チンチラはワシントン条約の保護動物

チンチラはワシントン条約の保護動物

  • 原産地:チリ北部
  • 大きさ:頭胴長23~28cm 尾長15cm 体重420~600g
  • 特徴:高山の岩の割れ目や穴に生息している。保護動物であるが国内の繁殖であればOK。
  • ポイント:暑さに弱いので注意。砂浴びは欠かせない。

ジャービルの種類は多彩

ジャービル

  • 原産地:アジアからアフリカ大陸の乾燥地帯
  • 大きさ:頭胴長10~15cm 尾長5~10cm
  • 特徴:乾燥地帯に巣穴を掘って生息。雑食性。
  • ポイント:種類によっては温度や湿度に注意。

スナネズミ

スナネズミ

後ろ足で立つのがチャームポイント。

複数飼いでも争いは少ないが単独飼いが基本。

とても臆病で驚くと気絶することも。

デブスナネズミ

デブスナネズミ

別名はプレーリーサンドジャービル。

砂漠からステップ地帯に生息。

スナネズミよりふっくらしてやや大きめ。

寒さには極端に弱いので注意が必要。

キンイロアレチネズミ

キンイロアレチネズミ

完全な砂漠地帯に生息。

毛色は砂漠地帯と同化している。

動きが素早いので扱いに注意。

オブトアレチネズミ

オブトアレチネズミ

別名はファットテイル、マカロニマウス。

別名通り、毛に覆われない太い尾が特徴。

脂肪に包まれており、栄養を蓄えることができるとも。

シマクサマウスはジャンプ力が特徴

シマクサマウスはジャンプ力が特徴

  • 原産地:セネガルからタンザニア、モロッコ、アルジェリアなど
  • 大きさ:頭胴長5~7cm 尾長8cm
  • 特徴:草原に生息。夜行性。雑食性(昆虫、小型のは虫類、草の実や芽など)
  • ポイント:ジャンプ力があるので扱いには注意。

いかがでしたか?

可愛らしく色々な特徴をもったネズミたちがいましたね。

お気に入りの種類が見つかれば幸いです。


Sponsored Links