レッドビーシュリンプの繁殖は簡単?手軽に水草水槽をつくる方法。

レッドビーシュリンプの繁殖は簡単?手軽に水草水槽をつくる方法。

水槽のコケ取り役のイメージが強かったビーシュリンプ。

でもその可愛らしさと美しい色から「主役」として単独で飼育する人が増えています。

飼育や繁殖の方法も簡単。

シンプルな「水草水槽」を作るだけでOKなんです。

今回は、人気のレッドビーシュリンプの世界をのぞいてみましょう。


Sponsored Links

レッドビーシュリンプってどんなエビ?

レッドビーシュリンプってどんなエビ

赤と白のコントラストが鮮やかなレッドビーシュリンプ。

水草の緑にとてもよく映え、存在感も抜群。

水槽の主役としてぜひ飼育してもらいたいものです。

そもそもレッドビーシュリンプは、ビーシュリンプを改良して、赤色を強く発色させたもの。

原産地は、中国南部や香港。

大きさは2~3cmほどの小さなエビの仲間です。

動く姿を観るだけでとても癒されますよ。

ブラック・ビーシュリンプが元祖

ブラック・ビーシュリンプ

レッドビーシュリンプの原種で、元祖レッドビーシュリンプとも言われます。

黒と白の色合いが美しく、やはり水草水槽によく映えますね。

レッド・ビーシュリンプ

レッド・ビーシュリンプ

ビーシュリンプの突然変異で生まれた赤色が固定されたもの。

同じ種でも色の入り方はさまざま。

このため、色の入り方や発色の具合でグレード分けされ、値段もずいぶん変わってきます。


Sponsored Links

簡単な水草水槽で飼育はOK

レッドビーシュリンプの飼育や繁殖はとても簡単。

アクアリウム初心者の入門編として最適かもしれません。

では、順番に見ていきましょう。

基本的なことを守れば飼育は難しくありませんよ。

レッドビーシュリンプを入れる前にしっかりと準備を行いましょう。

【水槽のセッティング】

  • 水槽:20cmの小型水槽でOK。
  • ろ過フィルター:小型水槽では外掛けの方が便利。
  • 底砂:ソイル(土を焼いたもの)
  • 流木:抱卵時のメスの隠れ場所にも。
  • ライト:1日10時間程度は点灯する。小型水槽なら5Wでよい。
  • 水草:ウィローモス、ウォータースプライトなど。稚エビの隠れ場所にも。
  • ヒーター:オートヒーターがよい。小型水槽なら50Wでよい。
  • ファン:暑さには弱め。夏季の水温上昇には注意。
  • 水温計水温は20~25℃をキープ。

「水温」は、20~25℃が適温。

熱帯魚よりもやや高温に弱いので、夏季の水温上昇には気を付けましょう。

「水質」は、弱酸性~中性

「水草」は、ウィローモスウォータースプライトなどで、繁殖する場合の稚エビの隠れ場所としても重要です。

「石付きウィローモス」を用いると水槽に起伏ができるのでベターです。

レッドビーシュリンプは、「草食が強い雑食性」。

「エサ」は、配合飼料、コケ、水草、ゆでたホウレンソウなどを与えます。

食べ残したホウレンソウは1日で取り換えましょう。

水槽に入れる「エビの数」は、20cm水槽で15~20尾ぐらいまで。

水槽の大きさによって加減しましょう。

またレッドビーシュリンプとほぼ同じ環境で飼育できるエビに「ヤマトヌマエビ」がいます。

こちらは少し大きめで、透明感のある品種。

とても飼いやすく水槽に映えるエビですよ。

コケ取り役としても働いてくれるので、水草をメインにしたいときにも最適です。

ぜひ見比べてみてくださいね。

繁殖は超簡単?

繁殖個体のレッドビーシュリンプはとても丈夫。

水槽の水でも繁殖は簡単です。

ウィローモスなどのコケ類の水草を入れると自然に繁殖するでしょう。

メスは、腹部に卵をもち、流木の陰などで孵化するまで抱卵します。

稚エビはコケなどを食べて育つので、特別な世話は必要ありません。

ただ、混泳水槽では稚エビが魚に食べられるので混泳は避けましょう。

また、稚エビが吸い込まれないように、フィルターの吸い込み口にはスポンジを付けておきましょう。

いかがでしたか?

本稿が、あなたのアクアリウムライフの参考になれば幸いです。


Sponsored Links