ウミウシ【海の宝石】図鑑。ピカチュウなど17種類を紹介!

ウミウシ【海の宝石】図鑑。ピカチュウなど17種類を紹介!

ウミウシは貝殻をもたない巻貝の一種。

そのカラフルで美しい様子から「海の宝石」と呼ばれています。

また見た目からピカチュウの愛称で呼ばれるものもあります。

今回は、そんなウミウシの種類を紹介しましょう!


Sponsored Links

ウミウシ【海の宝石】図鑑

ウミウシ【海の宝石】図鑑

ウミウシは、形状や模様は実に多彩。

その数は1,000をはるかに超え、今も新種が発見されているほど。

まずは代表的なグループを見ていきましょう。

イロウミウシ

前方の2本の触角と後方の花びら型のエラが特徴。

とてもカラフルな体色を持つ。

クチナシイロウミウシ、シンデレラウミウシ、ホムライロウミウシなど。

ミノウミウシ

体に細い蓑のような突起を持つのが特徴。

毒針をもつ生き物を餌にするが、その毒針(刺胞)を消化せず、自らの突起に蓄え、武器として外敵に用いることができる。

アオミノウミウシ、サビイロミノウミウシ、セスジミノウミウシなど。

ゴクラクミドリガイ

海藻を食べるが、取り込んだ葉緑素で光合成し、自らの栄養源とすることができる。

このため浅瀬で日光浴をする。

トカラミドリガイ、シロアミミドリガイ、アカフチミドリガイなど。

イボウミウシ

背中に丸い突起をもつのが特徴。

突起を持たない種類もいるので見分けが難しい。

ボンジイボウミウシ、アンナイボウミウシ、ユキヤマウミウシなど。

ウミコチョウ

大きな羽状の側足をもつ、蝶のような姿が特徴。

この側足を使って水中を泳ぐ。

ムラサキウミコチョウ、キマダラウミコチョウ、クロフチウミコチョウなど。


Sponsored Links

ピカチュウウミウシなど17種類を紹介!

ピカチュウウミウシなど17種類を紹介

それでは紹介していきますよ。

ウデフリツノザヤウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ

フジタウミウシ科に属する。

愛称はピカチュウウミウシ。

体長は約23mm。

カンナツノザヤウミウシ

カンナツノザヤウミウシ

フジタウミウシ科に属する。

(ニセ?)ピカチュウウミウシとも。

ピカチュウウミウシよりもレアな存在。

体長は約23mm。

クチナシイロウミウシ

クチナシイロウミウシ

イロウミウシ科に属する。

体長は約18mm。

シンデレラウミウシ

シンデレラウミウシ

イロウミウシ科に属する。

体長は約30mm。

ホムライロウミウシ

ホムライロウミウシ

イロウミウシ科に属する。

体長は約15mm。

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ科に属する。

体長は約20mm。

サビイロミノウミウシ

サビイロミノウミウシ

サキシマミノウミウシ科に属する。

体長は約15mm。

セスジミノウミウシ

セスジミノウミウシ

サキシマミノウミウシ科に属する。

体長は約16mm。

トカラミドリガイ

トカラミドリガイ

ゴクラクミドリガイ科に属する。

体長は約15mm。

シロアミミドリガイ

シロアミミドリガイ

ゴクラクミドリガイ科に属する。

体長は約10mm。

アカフチミドリガイ

アカフチミドリガイ

ゴクラクミドリガイ科に属する。

体長は約6mm。

ボンジイボウミウシ

ボンジイボウミウシ

イボウミウシ科に属する。

体長は約12mm。

アンナイボウミウシ

アンナイボウミウシ

イボウミウシ科に属するが、丸い突起のない種類。

体長は約11mm。

ユキヤマウミウシ

ユキヤマウミウシ

イボウミウシ科に属するが、丸い突起のない種類。

体長は約40mm。

ムラサキウミコチョウ

ムラサキウミコチョウ

ウミコチョウ科に属する。

体長は約10mm。

キマダラウミコチョウ

キマダラウミコチョウ

ウミコチョウ科に属する。

体長は約4mm。

クロフチウミコチョウ

クロフチウミコチョウ

ウミコチョウ科に属する。

体長は約10mm。

いかがでしたか?

ユニークで不思議な生き物たちでしたね。

ウミウシの仲間は、ネットショップでも数千円ほどで流通しています。

しかしその生態についてはあまり知られていません。

またエサの確保が難しく、飼育や繁殖は容易ではありません。

生息地でのダイビングなどを通じて直に触れ合うことをおすすめいたします。

本稿があなたのペットライフのお役に立てれば幸いです。


Sponsored Links