多肉植物【種類】一覧。セダムやハオルチアなど人気の品種を紹介!

多肉植物【種類】一覧。セダムやハオルチアなど人気の品種を紹介!

多肉植物は雨の少ない地域で生息します。

そのため体内に水分を蓄える目的で肉厚の葉をもつようになりました。

今回は、セダムやハオルチア、カランコエなど、人気の種類を一覧で紹介しましょう。


Sponsored Links

多肉植物の種類一覧

多肉植物の種類一覧

今回紹介する「多肉植物」の特徴と種類をまとめておきましょう。

【多肉植物の種類】

  • 水分を蓄えた厚い葉をもつ:セダム・コチドレン
  • 葉にレンズをもつ:ハオルチア
  • 産毛で覆われたりビロード様の葉をもつ:カランコエ
  • 茎が木のようで上部に葉をつける:アエオニウム

どの品種も見た目の様子から、とても上手にネーミングされています。

個性的で面白い「和名」と見比べると新たな発見がありますよ。

セダム(ベンケイソウ科)

セダム

原生地は、熱帯、亜熱帯、温帯。

乾燥から身を守るために進化した丸く分厚い葉が特徴。

多肉植物の代表的な存在。

乙女心

乙女心

紅葉時には葉先だけピンク色に染まる。

姫星美人

姫星美人

産毛のある小さな葉が群生する。

白雪ミセバヤ

白雪ミセバヤ

葉や茎が白粉をまとう。

緑亀の卵

緑亀の卵

濃い緑の丸い葉をもつ。

虹の玉

虹の玉

多肉植物の代表種であり、鮮やかな赤色が美しい。

宝珠

宝珠

紅葉時は葉が太り、葉先がピンクに染まる。

コチドレン(ベンケイソウ科)

コチドレン

原生地は、南アフリカ。

肉厚な葉をもち、木立ちする。

下方は木のようになる。

熊童子

熊童子

熊の赤ちゃんの手が名前の由来。

子猫の爪

子猫の爪

熊童子より小さめで爪が3つなのが特徴。

福だるま

福だるま

表面は白粉に覆われ、紅葉時にはピンクに染まる。

銀波錦

銀波錦

葉の表面が真っ白になるほど白粉に覆われる。

ハオルチア(ユリ科)

ハオルチア

原生地は、南アフリカ。

原生地では体のほとんどが砂で覆われている。

外に出た葉がレンズに進化し、光を集める。

雫石

雫石

葉のレンズの透明感が印象的。

十二の爪

十二の爪

葉の白い模様が美しい。

毛蟹

毛蟹

まさに見た通りのネーミング。

玉扇

玉扇

特徴的な葉の表面がレンズとなる。

コレクタ

コレクタ

大きなレンズで、葉脈が美しい。


Sponsored Links

カランコエ(ベンケイソウ科)

カランコエ

原生地は、マダガスカル、南アフリカ。

不思議な特徴をもつ種を多く含む。

形もバリエーションが豊富。

銀のスプーン

銀のスプーン

スプーンのような形の葉が名前の由来。

仙人の舞

仙人の舞

茶色の葉がとてもシックな風合い。

月兎耳

月兎耳

兎の耳のような形と質感が可愛らしい。

唐印

唐印

扇型の葉を重ねた姿は存在感抜群。

ファング

ファング

葉の裏の突起が牙(ファング)のよう。

フミリス

フミリス

葉のマーブル模様が個性的。

アエオニウム(ベンケイソウ科)

アエオニウム

原生地は、北アフリカ、カナリア諸島。

茎が木質化する。

上部にのみ葉をつける。

仙童唱

仙童唱

小型でシックな茶色の葉が美しい。

夕映え

夕映え

グリーン、ピンク、イエローの3色が絶妙にマッチする。

黒法師

黒法師

黒っぽい葉が圧倒的で異質な存在感。

サンバースト

サンバースト

パステルのグリーン、ピンク、イエローがとてもやさしい。

いかがでしたか?

お気に入りの多肉植物は見つかりましたか?

お部屋のアクセントして、きっと絶大な存在感を示してくれることでしょう。

本稿があなたのボタニカルライフの参考になれば幸いです。


Sponsored Links