熱帯魚のコリドラスって何種類ある?気になる病気や飼育上の注意点を解説。

熱帯魚のコリドラスって何種類ある?気になる病気や飼育上の注意点を解説。

コリドラスは「ナマズ」の仲間。

性格が穏やかで他の熱帯魚と混泳の相性もよく、飼育のしやすさが特徴です。

種類も学名が記載されているもので161種、未記載種も入れると200種を越えると言われます。

コリドラスだけを集める人が出てくるほど、コレクター魂をくすぐる魚なんです。

今回は、その豊富な種類や気になる病気や健康管理の方法について解説しましょう。


Sponsored Links

熱帯魚のコリドラスって何種類ある?

tropicalfish-corydoras2

学名が記載されているもので161種あります。

しかし新しい種類は今後もどんどん増えていくことでしょう。

まずはポピュラーな品種を紹介しましょう。

アエネウス:通称「赤コリ」

アエネウス:通称「赤コリ」

コリドラスの中でもっともメジャー。

水槽の底を泳ぎ、餌の残りカスを食べることから「水槽の掃除屋」とも。

原産地はベネズエラ、ボリビア。

全長は6cm。

東南アジアでの養殖個体(ブリード)が多いが、現地採集個体(ワイルド)も輸入されている。

丈夫で飼いやすく、繁殖も容易で熱帯魚の入門魚としても有名。

パレアタス:通称「青コリ」

コリドラス・パレアタス

青コリ、花コリと呼ばれ、古くから親しまれている。

原産地はアルゼンチン、パラグアイ。

全長は6cm。

飼育・繁殖ともに容易なポピュラー種の一つ。

アルビノ:通称「白コリ」

アルビノ・コリドラス:通称「白コリ」

アエネウスのアルビノタイプ(改良種)。

全長は6cm。

色素が抜けたアルビノで体全体が白く赤目なのが特徴。

アルビノは弱いというイメージとは逆にとても強健で飼いやすい。

パンダ:白地に黒が名前の由来

パンダ:白地に黒が名前の由来

白い体に顔、背びれ、尾筒に黒が入ってたパンダのような体色が特徴。

原産地はペルー。

全長は5cm。

東南アジアの養殖(ブリード)と現地採集個体(ワイルド)がある。

ワイルドは、水質にやや敏感。

アドルフォイ:水質によって発色が変化

アドルフォイ:水質によって発色が変化

明るい乳白色の体色に肩のオレンジが印象的。

原産地はネグロ川。

全長は5cm。

弱酸性の水質を好み、発色も変化するのが特徴です。

ジュリー:まだらとストライプが美しい

ジュリー:まだらとストライプが美しい

頭部のまだら模様と体のストライプが印象的。

原産地はブラジル。

全長は5cm。

また近縁種が多いのも特徴。

分布が広範囲なので、かなりのバリエーションが見られる。

ピグマエウス:体長2cmの小さな品種

ピグマエウス:体長2cmの小さな品種

成長しても2~3cmほどにしかならない小さなコリドラス。

原産地はペルー。

別名はピグミー・コリドラス。

10匹以上の群れにすると美しい。

ステルバイ:胸ビレのオレンジが印象的

ステルバイ:胸ビレのオレンジが印象的

丸みのある体と、全体に入った網目模様が特徴。

原産地はグァポレ川。

全長は6cm。

コリドラスの中でも上位に入る人気種。

アルビノ・コリドラス・ステルバイ:透明感のある美しい色合い

アルビノ・ステルバイ:透明感のある美しい色合い

ステルバイのアルビノ種。

丈夫で飼いやすく、他の品種との混泳もしやすい。

ステルバイのアルビノを固定した品種。

いかがでしたか?

続いて流通量が少なく入手が難しい品種を少し覗いてみましょう。

流通量が少なく入手が難しい品種

流通量が少なく入手が難しい品種

コリドラスほどコレクション性に優れた品種はほかにはありませんね。

その点、需要(人気度)と供給(流通量)の関係で「希少種」となる品種もあります。

でも人気があるのには理由がありますね。

エヴェリナエ

エヴェリナエ

パラレルス(コルレア)

パラレルス(コルレア)

シパリウィニー

シパリウィニー


Sponsored Links

コリドラスの病気や飼育の注意点は

tropicalfish-corydoras3

コリドラスは、飼育のしやすいことが特徴。

しかし水温の急激な変化や水質の変化・悪化はコリドラスに限らず禁物です。

免疫力の低下から、病気になってしまうことがあります。

本稿で紹介したポピュラー種は、水温は22~27℃、水質は弱酸性~中性が基本です。

またコリドラスがいくら「水槽の掃除屋」といっても限界があります。

食べきれない餌や糞などは水質悪化の元。

これら「水温」と「水質」はしっかりチェックしましょう。

そして普段の清掃に加え、定期的な水換え、機器の点検も忘れずに行いましょう。

また魚の数も重要なポイント。

水質の悪化やストレスの原因になります。

小型の水槽(20cm)なら合計10匹程度が目安になります。

しかし、すでに病気の兆候が見られたら早めの対処が必要です。

寄生虫や細菌感染などが考えられます。

代表的なものをまとめておきましょう。

【熱帯魚の病気(症状)】

  • 白点病:体表面やヒレに白い斑点が表れる。
  • 水カビ病:体表に白い綿状のものが付着する。
  • 尾ぐされ病:尾ビレの先が白っぽくなったり充血したりする。悪化すると溶けてしまう。
  • 松かさ病(エロモナス病):鱗が逆立って松かさのように膨れる。
  • 寄生虫:ウオジラミ、イカリムシなどが寄生する。体表が充血したり腫れたりする。

コリドラスと混泳するなら?

tropicalfish-corydoras4

華やかな混泳水槽をつくってみたいと思いますよね。

コリドラスは「水槽の名脇役」とも言われます。

主役としても脇役としても素晴らしい魚なんです。

テトラに代表される「小型カラシン」やグッピーなどの「メダカの仲間」などと上手に混泳するでしょう。

一方、コリドラスとの混泳に向かない熱帯魚もいます。

コリドラスはとても穏やかな性格。

これら攻撃的な性格、また大型の魚との混泳は避けましょう。

【混泳に向かない熱帯魚】

  • ベタ
  • アロワナ
  • エンゼルフィッシュ
  • スマトラ
  • ミドリフグ

いかがでしたか?

本稿が、あなたの熱帯魚選びの参考になれば幸いです。


Sponsored Links